【高血圧】 ミネブロとセララの違い

ミネブロ セララ
一般名 エサキセレノン エプレレノン
構造式
発売年 2019年 2007年
開発 第一三共&エクセリクシス ファイザー
効能効果
  • 高血圧
  • 高血圧症
  • 慢性心不全(25mg錠・50mg錠のみ)
薬理 抗アルドステロン 抗アルドステロン
用法 1日1回2.5mg錠

適宜増減可

1日1回50mg錠

適宜増減可

剤形 錠剤 錠剤
Tmax 3.0(hr) 1.5(hr)
T1/2 18.6(hr) 5.0(hr)
 

薬価

1.25mg錠 46.9円 セララ錠25mg 44.7円
2.5mg錠 89.9円 セララ錠50mg 85.6円
5mg錠 134.9円 セララ錠100mg 162.7円
禁忌
  • カリウム保持性利尿薬、カリウム製剤
  • 高カリウム血症 or 5.0 mEq/L以上
  • 重度の腎機能障害
  • カリウム保持性利尿薬、カリウム製剤
  • 高カリウム血症 or 5.0 mEq/L以上
  • 中等度以上の腎機能障害(高血圧症)
  • 重度の肝機能障害
  • 微量アルブミン尿又は蛋白尿を伴う糖尿病患者
  • イトラコナゾール、リトナビル、ネルフィナビル
代謝 CYP3A CYP3A4
ミネブロの副作用 セララの副作用
国内臨床試験 国内及び外国臨床試験
総症例:1,250例 総症例:3,353例
副作用発現率 13.0% 副作用発現率 26.7%
1位 血清カリウム上昇 4.1% 頭痛 6.1 %
2位 高カリウム血症 1.7% めまい 2.6 %
3位 血中尿酸増加 1.4% 嘔気 1.9 %
4位 高尿酸血症 1.0% 高カリウム血症 1.7%

 

2019年1月に承認されたばかりの新薬ミネブロ。

 

ミネブロは第一三共と米国の製薬会社エクセリクシスが共同開発した。 ミネブロの売上に応じて第一三共はエクセルシスに対してロイヤリティを支払う契約を結んでいる。

画期的な新薬というわけではなくミネブロと同じ作用機序を持つ薬は既にセララとアルダクトンがある。 セララはアルダクトンの構造を改造して鉱質コルチコイド受容体に対する選択性を高めた薬。

 

 

 


カリウム保持性利尿剤(セララ、ミネブロ)の作用機序


 

 

ミネブロとセララは二つとも体からナトリウムを減らしカリウムを増やす薬。

 

身体のどこで作用するのかと言えば尿細管の集合管。この部分では鉱質コルチコイド の一種であるアルドステロンが ナトリウムの再吸収を促進してその代わりにカリウムを排出している。このアルドステロンの働きをナトリウムカリウム交換系と言う。

 

 

アルドステロン=Na+を再吸収してK+を排出

 

 

ナトリウムカリウム交換系はナトリウムをため込む。という事は水もため込むことになる。水と塩は一緒に行動するので塩をたくさん取れば体内に水をため込み血圧が上昇する。高血圧症治療で医師が減塩と口を酸っぱくしていうのはこのため。

 

そしてアルドステロンは血圧を上昇させるだけではなく心臓や腎臓に対して障害を引き起こす、 心肥大やその周辺リスクが高まると知られている。人体にとってマイナス作用が大きい物質がアルドステロン。

 

そんなアルドステロンを阻害するのがミネブロとセララ。よってこの2つの薬は降圧作用だけでなく臓器保護作用も期待できる。セララは慢性心不全に対しても保険適応を持っている。

 

 

 


2つの共通点


 

  • 抗アルドステロン薬
  • 1日1回服用
  • 重度の腎機能障害には使えない。
  • 血中カリウム濃度が上昇する。
  • 尿酸値が上昇しやすい。
  • スピロノラクトンと比較すると2つともアルドステロン受容体に対する選択性が高い

 

 


ミネブロ


 

  • ミネブロという名前は「ミネラルコルチコイド受容体ブロッカー」より命名
  • 禁忌がセララに比べ少ない。腎機能障害においても中程度であれば使用できる
  • 糖質コルチコイド受容体に対して親和性を持たない
  • 鉱質コルチコイド受容体に対する選択性がセララよりも高い
  • 構造が非ステロイド骨格

 

 

 


セララ


 

  • セララという名前は「Selective aldosterone receptor antagonist」より命名
  • 重度の肝機能障害には使えない
  • 糖質コルチコイド受容体に対して親和性を少し有する
  • 高血圧だけでなく慢性心不全にも使える
  • 構造がステロイド骨格

 

 

 

 


ミネブロ対セララ


 

本態性高血圧症における降圧作用を直接比較したESAX-HTN試験がある。

 

ESAX-HTN試験
試験概要 無作為化二重盲検第III相試験
対象 本態性高血圧症患者 収縮期血圧:140〜<180 拡張期血圧:90〜<110
期間 12週間 総症例 1001例
試験目標① セララ50mgに対してミネブロ2.5mgの非劣勢
試験目標② ミネブロ2.5mgに対してミネブロ5mgの優越性
被験薬 ミネブロ錠2.5mg ミネブロ錠5mg セララ錠50mg
  結果
  ミネブロ錠2.5mg ミネブロ錠5mg セララ錠50mg
血圧変化 -13.7/-6.8 -16.9/-8.4 -12.1/-6.1
結果① ミネブロ2.5mgはセララ50mgに対して降圧作用の非劣勢が証明された
結果② ミネブロ5mgはミネブロ2.5mgに対して降圧作用の優越性が証明された

 

ミネブロ錠2.5mgとセララ50mgの降圧力はほぼ同じな結果。その結果を受けて薬価もだいたい同じに設定されている。(ミネブロ錠2.5mgが89.9円でセララ錠50mgが85.6円)

 

新薬の薬価は革新的な作用があれば高くなるがミネブロは安い。むしろ高用量だとセララの方が高くなっている。

厚生労働省的にはミネブロはそんなに画期的な薬ではないらしい。もしセララが市場に存在していなければアルダクトンの受容体選択性の低さによる副作用を減らせるというアピールができたのだが・・・

 

糖尿病性腎症患者を対象とした試験(ESAX-DN)が成功したら医師にアピールしやすくなる。

 


関連記事

 

【クッシング症候群】 糖質コルチコイドと鉱質コルチコイドの違い 【アジソン病】

 

【企業分析】 エクセリクシス:カボザンチニブに託す未来

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。