カテゴリー: 薬

【SDA】 リスパダールとインヴェガとルーランとロナセンの違い

 

リスパダール インヴェガ ルーラン ロナセン
一般名 リスペリドン パリペリドン ペロスピロン ブロナンセリン
構造式
製薬会社 ヤンセン ヤンセン 大日本住友 大日本住友
発売年 1996年 2011年 2001年 2008年
等価量 1mg 1.5mg 8mg 4mg
薬価 26.8円(1mg) 253.2円(3mg) 30.6円(8mg) 140.7円(4mg)
効能・効果
  • 統合失調症
  • 小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性
  • 統合失調症
  • 統合失調症
  • 統合失調症
用法 1日2回 1日1回朝食後 1日3回食後 1日2回食後
一日最大量 12mg 12mg 48mg 24mg
薬理作用 5-HT2A>D2 5-HT2A>D2
  • 5-HT2A>D2
  • 5-HT1A刺激
D2>5-HT2A
半減期 3.9時間 19.6時間 5~8 時間 10.7時間
代謝酵素
  • CYP3A4
  • CYP2D6
  • CYP3A4
  • CYP2D6
  • CYP3A4
  • 1A1,2C8,2D6も関与
  • CYP3A4
代謝排泄
腎Cr制限 50ml/分以下
空腹時服用 影響無し 吸収低下 吸収低下 吸収低下
 
重篤副作用 リスパダール インヴェガ ルーラン ロナセン
低血糖
痙攣
肝機能障害

 

(さらに…)

【フィブラート系】 パルモディアとリピディルとベザトールSRの違い

 

パルモディア リピディル ベザトールSR
販売会社 興和 あすか/科研 キッセイ
一般名 ペマフィブラート フェノフィブラート ベザフィブラート
構造式
発売年 2018年 2011年 1995年
薬価 33.9円(0.1mg) 33.9円(80mg) 25.0円(200mg)
効能・効果 高脂血症 高脂血症 高脂血症
用法 1日2回(朝夕) 1日1 1日2回(朝夕食後
薬理 高活性かつ高選択なPPARαモジュレーター PPARαを活性化 PPAR(非選択的)を活性化
併用禁忌薬 シクロスポリン、リファンピシン
腎機能制限 血清Cr値が2.5mg/dL以上 血清Cr値が2.5mg/dL以上 血清Cr値が2.0mg/dL以上
肝障害患者 重篤な肝障害のある患者は禁忌 肝障害のある患者は禁忌 慎重投与
代謝型
尿中排泄率 14% 64% 69%
糞中排泄率 73% 36% 31%
パルモディア リピディル ベザトールSR
重篤な副作用
横紋筋融解症
肝機能障害
膵炎
アナフィラキシー
多形紅斑

*スタチン系との併用はすべて「原則禁忌」

 

(さらに…)

【喘息・COPD】アドエアとシムビコートの違い

 

アドエア シムビコート
製薬会社 グラクソスミスクライン アストラゼネカ
2017年売上 4750億円(1£=152円換算) 3140億円(1$=112円換算)
ステロイド成分 フルチカゾンプロピオン酸エステル ブデソニド
β2刺激成分 サルメテロールキシナホ酸 ホルモテロールフマル酸
β2作動様式 パーシャルアゴニスト フルアゴニスト
効能・効果 気管支喘息・COPD 気管支喘息・COPD
用法 1日2回 1回1吸入(ディスカス)

1日2回 1回2吸入(エアゾール)

1日2回 1回1吸入
1日最大吸入回数 2回(ディスカス) 4回(50エアゾール) 12回(常用量+屯用)
発現時間 15 分 1
持続時間 12時間 12時間
小児適応 ×
屯用 ×
肺胞到達率 15%(ディスカス)

29%(エアゾール)

32%

 

 

 

アドエアは世界で最も売れている喘息治療薬。この薬一つで日本の中堅製薬会社である中外製薬の年間売上に匹敵する。

シムビコートも世界的に売れておりオプジーボを開発した小野薬品工業の年間売り上げを軽く超えている。

 

この2つの薬を開発販売しているのは英国の二大製薬会社グラクソスミスクラインとアストラゼネカ。さすが産業革命で大気汚染が進んで喘息患者がたくさん生まれた英国。

 

 

(さらに…)

ニキビ外用薬の違い(合剤)

 

 

商品名 デュアック エピデュオ
一般名 クリンダマイシンリン酸エステル・過酸化ベンゾイル(3%) アダパレン・過酸化ベンゾイル(2.5%)
開発会社 GlaxoSmithKline ガルデルマ
販売会社 GlaxoSmithKline マルホ
日本販売年 2015年 2016年
薬価(1g) 144円 153.7円
用法 1日1回 1日1回(夕方から就寝前
薬理作用 リボゾーム50Sサブユニット阻害+フリーラジカル由来化学的殺菌 表皮角化分化抑制+フリーラジカル由来化学的殺菌
副作用発現率 30.6% 10.8%
慎重投与 抗生物質由来下痢又は大腸炎既往歴,アトピー体質
使用期間 12週 12週
保存方法 2~8 室温

 

 

(さらに…)

ニキビ外用薬の違い(単剤)

 

商品名 アクアチム ダラシンT ゼビアックス ディフェリン ベピオ
一般名 ナジフロキサシン クリンダマイシンリン酸エステル オゼノキサシン アダパレン 過酸化ベンゾイル
開発会社 大塚製薬 ファイザー 富山化学工業 ガルデルマ マルホ
販売会社 大塚製薬 佐藤製薬 マルホ ガルデルマ マルホ
日本販売年 1993年 2002年 2016年 2008年 2015年
薬価(1g) 34.5円 35.6円 76.9円 95.2円 115.4円
用法 1日 1日 1日1回 1日1回 1日1回
薬理作用 DNAジャイレース阻害 リボゾーム50Sサブユニット阻害 DNAジャイレース阻害 レチノイン酸受容体を刺激し表皮角化分化抑制 活性酸素による化学的殺菌作用とピーリング作用(コルネオデスモソーム変性)
慎重投与 幼児以下 抗生物質由来大腸炎既往歴、アトピー性体質
使用期間 4週間 4週間 4週間 12週間 n/a

 

 

(さらに…)

【ループ利尿薬】 ラシックスとダイアートとルプラックの違い

 

 

商品名 ラシックス ダイアート ルプラック
一般名 フロセミド アゾセミド トラセミド
製造販売元 サノフィ 三和化学 田辺三菱
薬価 13.3円 29.9円 21.9円
利尿作用時間 6時間 12時間 8時間
等価量 40mg 60mg 4mg
注射剤の有無 × ×
保険適用
心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫
高血圧 × ×
月経前緊張症 × ×
特徴
抗アルドステロン × ×

 

 

 

強力な利尿作用を有するループ利尿薬 臨床の現場で使われているのは3種類 共通点と大きく異なる点がある。

 

 

(さらに…)

【PFE】 セレコックス:官能基によるロキソニンとの違い

 

 

データ(2018年現時点)

 

製薬会社:ファイザー
一般名:セレコキシブ
薬価(100mg):68.1円

 

1992 年に米国サール社(現 米国ファイザー社)で合成された。誕生から26年経過しているが今のところ日本で後発品は無い。前年の1991 年にシクロオキシゲナーゼ(COX)が正常組織に広く存在する COX-1(構成酵素)と、炎症時に主に炎症組織で誘導される COX-2(誘導酵素)の 2 種類が存在することが明らかになり開発がスタートした。

 

関節リウマチ、変形性関節症に対する臨床的有用性が認められたことから、2007 年 に承認された。2011年には抜歯後の痛み止めとしても承認されている。他のNSaidsよりも少ない副作用から整形外科領域で大ヒットしている。

 

 

 

(さらに…)

ルパフィン:抗ヒスタミン+抗PAF(血小板活性化因子)作用を有するアレルギー治療薬

 

 

データ(2018年現時点)

製薬会社:ユリアック
一般名:ルパタジン
薬価:69.4円

 

 

新登場の薬なのに薬価が安い。アレジオンの10mgよりも安い。

 

2017年に新作用機序の抗アレルギー剤として発売された。しかし物質としては1994年に合成された薬なので世界的には新薬ではない。

開発したのはスペインの製薬会社ユリアックで日本では田辺三菱製薬が販売を行っている。田辺三菱としては特許が切れたタリオンの次として期待している。抗ヒスタミン薬は差別化が難しいが新しい作用機序というのは医師にアピールしやすいかも。

 

 

(さらに…)

【NVO】 ビクトーザ:日本初のGLP-1受容体作動薬

2型糖尿病治療薬であるビクトーザ

見た目はインスリンに似ているが違う作用機序の薬である。

2009年に欧州で承認を取り2010年1月に日本国内でも承認を得た。

 

これまでの糖尿病治療は不足しているインスリンを補充するという治療だったがより根本的に膵臓に作用しインスリン分泌を促すGLP-1受容体を刺激すると言う一段進化した作用機序を有する。

 

 

HbA1cを下げるだけでなく間接的に食欲を抑え体重減少作用も持つ。なので米国では正式に肥満治療薬としても承認されている。

間接的にGLP-1レベルを増やすジャヌビアらDPP4阻害薬より高いHbA1c効果作用が証明されている。

 

2010年に承認された時点では併用可能薬がスルホニルウレア系に限定されていたが今はそういった制限も無く他の糖尿病治療薬と一緒に使う事が可能。

(さらに…)