カテゴリー: 薬

クロルプロマジン:抗精神病薬の歴史はこの薬から始まった

一般名 クロルプロマジン
日本発売年 1955年
開発会社 ローヌ・プーラン
販売会社 田辺三菱
分類 抗精神病薬
機序 ドパミンD2遮断

 

 

統合失調症の治療薬コントミン(一般名:クロルプロマジン)

 

この薬が誕生したのは約70年前のフランス。

クロルプロマジンが登場するまで統合失調症に効果がある薬は存在しなかった。

 

じゃあどうやって精神科医は患者を治療していたのかというと( ^ω^)・・・

 

 

 

電気ショックを与えたり

インスリンを注射してあえて低血糖状態にしたり

脳の一部を切除するロボトミー

 

 

 

ナ〇スの実験かな?

 

電気ショックは現代でも行われているがロボトミーは行われていない。

 

ロボトミーとは前頭葉を脳から切除する手術。

 

切除された患者は確かに大人しくなるが意欲がなくなったり人格が変わったりする。とても興味深い治療法だとは思うが自分が受けたいとは思わない。

このロボトミーという治療法はノーベル賞もとったほど革新的な治療法だったのだが現在では行われていない。

 

人格変わったり人道的に問題があるとのことで。

 

しかし薬が全くない状況で暴れる統合失調症患者に対応するには何かしらの手段が必要だった。なので統合失調症治療薬が登場するまでは仕方なく何かしらの方法で患者を大人しくさせていた。

 

 

そんなやるかやられるかの殺伐とした精神医療業界に革命が起きる。

 

1950年12月、ローヌ・プーランの研究者ポール・シャルパンティエが世界初の抗精神病薬であるクロルプロマジンを開発

 

それまでの電気ショック、インスリン、ロボトミーといった命がけの治療に比べてはるかにリスクが低くなおかつ効果的。

 

精神医療の最前線で働いている精神科医の目の間に現れた奇跡の薬

 

宇宙の始まりである超新星爆発に匹敵するのがクロルプロマジンでありこの薬から抗精神病薬の歴史が始まった。

 

2019年現在でもクロルプロマジンは重要な薬として使われておりWHO必須医薬品モデル・リストにも載っている。

 

 

(さらに…)

【旭硝子】 タプロス:日本生まれのプロスタグランジン関連薬 【フッ素マシマシ】

一般名 タフルプロスト
日本発売年 2008年
開発会社 参天製薬及び旭硝子
販売会社 参天製薬
分類 緑内障治療薬
機序 プロスタグランジンF2α

 

 

緑内障治療薬タプロス点眼液(一般名:タフルプロスト)

 

プロスタグランジン関連薬のデファクトスタンダードであるキサラタン点眼液と同等の眼圧降下力があり更に血流を改善すると言うプラスアルファな力も持つ。

 

その力の源はフッ素

 

フライパンをフッ素コーティングすると訓練されたフライパンができるが医薬品でもフッ素を導入すると性能がアップすることがある。

 

医薬品では薬理作用に直接関係ない部分にフッ素原子を導入して安定度などを向上させるがタプロスに関しては薬理作用ど真ん中の部位にフッ素をぶち込んだ。しかも2つも

 

二郎もびっくりのフッ素マシマシ

 

目薬業界の雄である参天製薬と素材メーカーの旭硝子という異色のコラボで誕生したmade in japanな点眼薬。

 

 

(さらに…)

【まつ毛も伸びる】 キサラタン点眼液:緑内障治療薬のデファクトスタンダード

一般名 ラタノプロスト
日本発売年 1999年
開発会社 ファイザー
販売会社 ファイザー
分類 緑内障治療薬
機序 プロスタグランジンF2α

 

 

キサラタンは眼圧が高くなる眼房水の排出を促進することで眼圧を低下させるプロスタグランジン関連薬のデファクトスタンダード。

 

開発は婦人科で使われているジノプロストと言う陣痛促進剤が始まり。

静脈内投与するジノプロストを何を思ったか知らないが点眼したら眼圧が低下したことから緑内障治療薬としての開発が始まった。

 

プロスタグランジンという物質は生体内に必須の生理活性物質なのでそこに作用する薬は数多ある。

痛み止めロキソニンも大元の仕組みはプロスタグランジン生合成を邪魔する。

 

 

ラタノプロスト製剤には眼房水の産生を抑制するチモプトールとの合剤であるザラカムも存在する。

 

(さらに…)

次ページへ »