カテゴリー: データ

【ロシュ】 タミフルの売上高 [2006-2018]

タミフルの売上高
ロシュ 単位:100万スイスフラン
売上高
2006 2,627
2007 2,085
2008 609
2009 3,200
2010 873
2011 359
2012 560
2013 635
2014 959
2015 705
2016 794
2017 535
2018 378

source:ロシュ IR

 

 

インフルエンザ治療薬タミフル(一般名:オセルタミビルリン酸塩)

 

インフルエンザ治療薬と言われたらまずタミフル。それ位よく処方されている薬だが世界的にはさほど売れていない。日本での売上が全世界売り上げの半分以上を占める年もある。

 

日本で販売してるのは中外製薬だが世界中で販売しているのはその親会社ロシュ。2009年に起こったインフルエンザパンデミックの頃はジェネリック医薬品どころかイナビルやゾフルーザも無かったので大儲けした。

 

そしてタミフルの成分であるオセルタミビルリン酸塩を開発したのはアメリカのギリアドサイエンシズ、肝炎ウイルス治療薬ハーボニーを開発して一発当てた会社であるがその約20年前に同じ抗ウイルス薬のタミフルを開発した。

 

タミフルを開発した当時は中華料理の八角から取れるシキミ酸という成分を合成の基礎物質として作っていたので八角の値段が高騰することになった。

現在では完全な化学合成によりタミフルは作ることができる。それも一つの経路ではなく様々な経路が報告されている。より簡便でより高い収率を求めるのが合成屋の本能。

 

そんなタミフルだがインフルエンザ特効薬と言われるような性能は有していない。治るのが平均1日弱早くなる位

 

タミフルは現在ジェネリック医薬品が存在するがつい最近までは存在しなかったのでその費用対効果が疑問視されていた。

 

 

 

 

 

【アストラゼネカ】 ゾーミッグの売上高 [2003-2011]

ゾーミッグの売上高
企業:アストラゼネカ 単位:100万ドル
売上高
2003 340
2004 356
2005 352
2006 398
2007 434
2008 448
2009 434
2010 428
2011 413

source:アストラゼネカ IR

 

片頭痛治療薬ゾーミッグ(一般名:ゾルミトリプタン)

 

脳血管が拡張しすぎて神経を圧迫すると片頭痛になるという説がある。なのでゾーミッグを始めとするトリプタン系は拡張しすぎた血管に作用し収縮させることで痛みを改善する。

 

ロキソニンやボルタレンを飲んでも全く効かなかった人がトリプタン系に著効することはよくある。

 

だがこの薬は一時的な効果しかないので効果が切れたらまた服用しなければいけない。そうすると使うのが癖になり使い過ぎるとそれ自体が頭痛の原因ともなってしまう。

 

使うのは月に10個までにしておこう。ゾーミッグRMはラピッドメルトの略で急速に溶けるという意味、味はオレンジで美味しい。

 

【アストラゼネカ】 アリミデックスの売上高 [2003-2018]

アリミデックスの売上高
企業:アストラゼネカ 単位:100万ドル
売上高
2003 519
2004 811
2005 1,181
2006 1,508
2007 1,730
2008 1,857
2009 1,921
2010 1,512
2011 756
2012 543
2013 351
2014 298
2015 250
2016 232
2017 217
2018 212

source:アストラゼネカ IR

 

閉経後乳癌アリミデックス(一般名:アナストロゾール)

 

副腎でアンドロゲンからエストロゲンに変換する酵素アロマターゼの働きを阻害して乳癌再発リスクを低下させる。

しかし服用期間が長く5年、10年に及ぶ患者もおり副作用が問題となる。

 

女性ホルモンに影響を与えるので火照りなどのホットフラッシュや関節痛が起こりやすい。更年期障害なら女性ホルモン剤を使えばいいが乳癌患者にはもちろん使えないので漢方薬などで対処している事が多い。

 

 

次ページへ »