カテゴリー: データ

【ゴールドマン・サックス】 投資銀行部門の売上高 [1997-2018]

投資銀行部門の売上高
The Goldman Sachs Group, Inc. 単位:100万ドル
年間 売上高
1997 2,587
1998 3,368
1999 4,359
2000 5,339
2001 3,677
2002 2,572
2003 2,400
2004 3,286
2005 3,599
2006 5,613
2007 7,555
2008 5,179
2009 4,984
2010 4,810
2011 4,361
2012 4,941
2013 6,004
2014 6,464
2015 7,027
2016 6,273
2017 7,371
2018 7,862

source:The Goldman Sachs Group, Inc. IR

 

そもそも「投資銀行」とはなんぞや?

 

投資銀行とは企業の合併や買収時にアドバイスをして成功報酬を得たり株式を新規公開するときに7%抜いたりするハゲタカ(最近はそんな巨額のIPO手数料取られるのが嫌だとスポティファイやスラックが投資銀行を介せず直接上場で株式を公開したりも。

 

リーマンショックの時に批判された投資銀行のハイリスクなイメージとは逆にこの事業は堅実な事業でもある。アドバイスするだけなら投資銀行側に何もリスクが無いのだから。

 

そんなある意味堅実な投資銀行業務だがゴールドマン・サックスにとっては売上の1~2割を占めているだけに過ぎない。ライバルのモルガンスタンレーが資産運用業務に重きを置きつつあるのとは対照的にゴールドマンはハイリスクなトレーディング部門に重きを置いている。

 

前CEOのロイド・ブランクファインもトレーディング部門の出身である。

 

 

ゴールドマン・サックスの純利益 [1997-2018]

ゴールドマン・サックスの純利益
GSの純利益
The Goldman Sachs Group, Inc. 単位:100万ドル
年間 純利益
1997 2,746
1998 2,428
1999 2,708
2000 3,067
2001 2,310
2002 2,114
2003 3,005
2004 4,553
2005 5,609
2006 9,537
2007 11,599
2008 2,322
2009 13,385
2010 8,354
2011 4,442
2012 7,475
2013 8,040
2014 8,477
2015 6,083
2016 7,087
2017 3,685
2018 9,860

source:The Goldman Sachs Group, Inc. IR

 

リーマンショックが起きた2008年

ゴールドマンも四半期決算で上場以来初の赤字を計上した。

 

だが転んでもただでは起きないのがゴールドマン・サックス。

 

サブプライムローンで焦げ付いた証券が焦げ付いた時に保証するCDSをこっそり買い損失をヘッジ。さらにCDSの支払元AIGが経営危機になる事を見越してAIG株の空売りも仕掛け利益を搾り取った。

そのお陰もありシティやバンカメの様な公的資本注入による株式の超希薄化を避けることができた。

 

そんな血で血を洗う投資銀行界の修羅場を乗り切ったゴールドマン・サックスは2009年に過去最高の純利益を上げている。

 

ゴールドマン・サックスの売上高 [1997-2018]

ゴールドマン・サックスの売上高
企業:The Goldman Sachs Group, Inc. 単位:100万ドル
年間 売上高
1997 7,447
1998 8,520
1999 13,345
2000 16,590
2001 15,811
2002 13,986
2003 16,012
2004 20,550
2005 24,782
2006 37,655
2007 45,987
2008 22,222
2009 45,173
2010 39,161
2011 28,811
2012 34,163
2013 34,206
2014 34,528
2015 33,820
2016 30,790
2017 32,730
2018 36,616

source:The Goldman Sachs Group, Inc. IR

 

世界最強の投資銀行と呼び名の高いゴールドマン・サックス。

 

例の如くユダヤ人が創設した国際金融資本であり「人類の顔面に貼り付いた巨大な吸血イカ」等と金の亡者的な批判をされることがあるがそれはゴールドマンの金を稼ぐ能力を認めている証でもある。

 

2008年のリーマンショックではゴールドマンも痛手を受け株価が暴落したが翌2009年には過去最高益を上げるという底力を見せつけた。

その復活劇に関わっていたのがあの有名な投資家ウォーレン・バフェットさん。50億ドルの増資を引き受けゴールドマンに安心感を与えてバフェットさんは優先株の高配当を得た。

 

個人的にはバフェットさんがなぜゴールドマンサックスにそこまで大きな信頼を寄せているのか解らない。アメックスへの投資はそのブランド力とワイドモート。ウェルズファーゴは不祥事以前は堅実な優良銀行というイメージだったので投資するのも解るのだが、

 

レバレッジを駆使して利益を積み重ねる投資銀行に大きなお金を預けるのはリスキーだしこれから投資銀行が急成長するとも思えない。過去10年の成績を振り返ってもトントンである。

 

だが実際にバフェットさんはゴールドマンへの投資で確かなリターンを得た。現在でもバークシャーはゴールドマン・サックスの大株主である。

 

次ページへ »