カテゴリー: 企業分析

【企業分析】 サノフィ:300年の歴史があるフランスの製薬会社

 

 

サノフィ最大のヒット商品はランタスというインスリン製剤
インスリンだけでなく経口の糖尿病治療薬グリメピリドなどDM分野に強みがある。

 

しかしランタスは特許が切れてバイオシミラーが他社から発売され売り上げは下降気味。

なので糖尿病分野だけでなく多発性硬化症や血友病、デュピクセントのようなアトピーや喘息分野など様々な疾患に投資している。

 

サノフィという名称自体は1973年にフランスの石油会社エルフアキテーヌの子会社として誕生してから使われているがその歴史は世界的な製薬会社としては比較的浅い。

しかしサノフィがこれまで買収や合併をしてきた企業には100年以上の歴史をもつ企業もある。最古の企業は300年前の1718年創業と江戸時代から続いている。

買収した数ある製薬会社でもドイツのヘキストはサノフィにとって重要な企業でドイツ初のインスリン「インスリンヘキスト」を製造した。

 

他にも様々な企業を買収・吸収してきた。有名なのは化粧品メーカーのロレアルの子会社
ロレアルの子会社「サンテラボ」を吸収し一時社名をサノフィ・サンテラボとしていた時期もある。
そんな経緯があり現在のサノフィの筆頭株主はロレアル。

サノフィという会社は石油、化学、化粧品、それぞれのTOP企業の集合体

動物医薬品事業はドイツの製薬会社ベーリンガーインゲルハイムとの事業交換で整理した。
なので今のサノフィの事業は3つ

 

製薬、ワクチン、一般用医薬品

 

ワクチン事業はサノフィパスツールとして世界的にも有名

 

(さらに…)

【企業分析】 シャイアー:武田薬品工業が6兆8000億円を費やして手に入れるもの

シャイアーはアイルランドのダブリンに本拠地を置く製薬会社
希少疾患の医薬品や難治性疾患に用いる薬を開発している。

 

これまでどの製薬会社も開発したことが無い治療薬を最初に開発すると大きな利益が製薬会社にもたらされる。それが患者数がごく少数の希少疾患薬であったとしても

 

なぜなら先進国は開発難易度の高い病気や希少で患者の絶対数が少ないことが想定される薬に対して特許独占期間の延長や高額な薬価設定をインセンティブとして製薬会社に認めている。

そんな希少疾患用医薬品開発で世界一なのがアイルランドのシャイアー

シャイアーは薄利多売が前提の後発医薬品メーカーTEVAと対極に位置する製薬会社

 

 

(さらに…)

【企業分析】 米メルク:キイトルーダで免疫チェックポイント阻害薬競争をリード

 

世界には「メルク」と呼ばれる製薬会社が2つ存在する。

 

アメリカ拠点のMerck & Co., Inc.(Merck Sharp & Dohme )
ドイツ拠点のMerck KGaA

 

 

製薬会社としての独メルクは1827年にドイツでエマニュエル・メルクが創業した。
そして米国の子会社として1891年に孫のジョージ・メルクが創業。

 

米国支社が第一次世界大戦中にアメリカの敵国ドイツ企業という事でアメリカ政府に接収されてしまう。その会社こそ現在の米メルク。

現在この2つの製薬会社に資本関係は無いが元を辿ればドイツにあった一つの薬局

売上的にみると独メルクは150億€と米メルクの半分強の規模だが設立の経緯をみるとドイツのメルクが本家でアメリカのメルクが分家

大恐慌の時にグラス・スティーガル法で政治的にモルガン商会から分離させられた
JPモルガンとモルガンスタンレーの関係に似ている。

 

(さらに…)

【企業分析】 アストラゼネカ:肺がん治療のパイオニア

 

本社はロンドンにあり、研究開発本部はスウェーデンのストックホルム県セーデルテリエ市にある。
スウェーデンの製薬会社アストラと英国のインペリアル・ケミカル・インダストリーズ(ICI)の製薬部門が合併して誕生した。

なのでアストラゼネカはストックホルム証券取引所にも上場しており米国、英国、スウェーデンの3か国に株式を上場している。

 

胃酸分泌阻害薬の開発も得意で一番最初に上市されたPPIのオメプラール
オメプラールの光学分割異性体であるネキシウムは年間数十億ドルの売上を記録した。

 

そしてアストラゼネカは呼吸器疾患、喘息と肺がん領域に良い薬を持っている。

 

毎年数千億円売れている喘息発作予防薬のシムビコートとパルミコート

 

肺がん治療では分子標的薬のイレッサとその進化版タグリッソ、今流行りの免疫チェックポイント阻害薬で肺がん治療にブレークスルーを起こしそうなイミフィンジと肺においては隙が無い布陣

今となっては当たり前の分子標的薬だがそのパイオニアとなったイレッサ、そしてイレッサに対して耐性ができてしまった患者さんに使える薬を開発したのもアストラゼネカ。

 

 

 

(さらに…)

【企業分析】 バイエル:モンサントという爆弾

バイエルは痛み止めのアスピリンを販売している製薬会社として世界的に知られている。

バイエルの会社としての起源はノバルティスと同じく染料業
染料はそれ自体が薬効を持つ物質が多く製薬業と親和性が高い

しかしバイエルは製薬分野だけではなく農薬部門、動物医薬品部門、OTC部門なども持つ

ノバルティスやアストラゼネカが農薬部門を売却して医療用医薬品に専念しているのとは対照的にバイエルは米モンサントを660億ドルで買収したり農業分野でも存在感を増している。

 

しかしそのモンサントの買収がバイエルへの投資の大きなリスクともなっている。

 

(さらに…)

【企業分析】 グラクソ・スミスクライン:アドエア特許切れでも配当は維持できるのか?

 

 

 

グラクソ・スミスクラインはロンドンに本社を置く世界的な製薬会社
2017年の製薬会社売上世界第6位

2000年にグラクソ・ウェルカムとスミスクライン・ビーチャムの合併により誕生

その両社もそれまでに様々な製薬会社を買収、合併を繰り返してきた製薬会社
GSKが買収してきた企業でも最も歴史が古い企業は1715年創業のPlough Court pharmacy

直近では米がん治療薬ベンチャーのテサロを総額51億ドル(約5800億円)で買収と積極的にM&Aで成長してきた。

 

医療用医薬品だけでなく一般消費者向け薬でも有名なブランドを展開しており口腔ケアだとポリデントやシュミテクト、アクアフレッシュ等を販売している。

ワクチン事業も展開しており医薬品分野におけるコングロマリットを形成している。

 

(さらに…)

【企業分析】 アナプティスバイオ:デュピクセントという壁

 

アナプティスバイオは臨床試験段階のバイオテクノロジー企業。

 

主にアレルギー疾患を対象として薬を開発している。最大のターゲットはアトピー性皮膚炎。命に係わる病気ではないが患者数が多く完治が難しい病気。

 

まだ承認されたお薬は無し。株価上昇の原動力は新薬に対する夢と希望。

他企業と共同開発している薬もあるが完全にアナプティスバイオが権利を保有している薬は2つだけ。

 

 

(さらに…)

【企業分析】 TG Therapeutics:U2試験のこれから

 

 

TG Therapeutics, Incは血液癌や自己免疫疾患の治療に重点を置くバイオ医薬品企業。強力な抗ガン作用を有する薬を2つ開発しておりその2つがこの会社の未来を握っている。その2つの薬は併用することによってより高い効果を発揮することが期待されておりもし臨床試験に成功したら2つともFDAから新薬として承認され爆益が得られる。承認されたらね・・・

 

 

(さらに…)

【企業分析】 ファイザー:抗生物質から抗がん剤へ

 

抗生物質が発見されるまで感染症は人類にとって致死的な病気だった。

 

黒死病(ペスト)は14世紀の欧州人口を3割減らし国を傾けほど甚大な被害を残した。しかし今となっては近所の内科で処方される薬で簡単に治療できる。

 

100年以上前における結核は肺癌より多くの人の命を奪った。結核の特効薬は抗生物質ストレプトマイシン。1943年にストレプトマイシンが発見されて結核治療の歴史が始まった。

 

1940年代、抗生物質の研究開発にブレークスルーが起こりペニシリン系始めたくさんの抗生物質が生産可能となり世界中の製薬会社が挙って抗生物質生産に取り掛かった。

 

その中の製薬会社の一つがファイザー。2018年現在、米国で最大の医療用医薬品製薬会社だがその頃はまだ会社の規模が小さく自社ブランドも無かった。そんなファイザーが抗生物質の成功により世界的な製薬会社へと飛翔する。

 

(さらに…)

【企業分析】 ノバルティス:江戸時代から続くスイスの製薬会社

 

2017年度の売上は約500億ドル。

ロシュ、ファイザーについて世界3位。

 

「Nova(新生)」と「Artis(芸術,技術)」を組み合わせた言葉を社名にしている様に世界最先端の治療法を常に求めている。起源会社の創業は1758年で日本だと江戸幕府第10代将軍徳川家治の治世。

 

2001年にノバルティスから発売された慢性骨髄性白血病治療薬グリベック。この薬は慢性骨髄性白血病治療に革命を起こした。それまで最善の治療である骨髄移植やインターフェロンを使った治療が5年生存率5割ちょっとの状態から一気に9割近くまで引き上げた。

 

現在のノバルティスはこれまでの低分子化合物による治療から遺伝子分野へ軸足を移しつつある。今話題のCAR-T療法(キメラ抗原受容体発現T細胞療法)のキムリア、そして脊髄性筋萎縮症(SMA)の一回完結型治療薬AVXS-101を今年89億ドルで買収し遺伝子治療ポートフォリオを強化した。

 

(さらに…)

次ページへ »