作者別: hechikan

基本的にニート、だが極まれに労働することもある。

【企業分析】 サノフィ:300年の歴史があるフランスの製薬会社

 

 

サノフィ最大のヒット商品はランタスというインスリン製剤
インスリンだけでなく経口の糖尿病治療薬グリメピリドなどDM分野に強みがある。

 

しかしランタスは特許が切れてバイオシミラーが他社から発売され売り上げは下降気味。

なので糖尿病分野だけでなく多発性硬化症や血友病、デュピクセントのようなアトピーや喘息分野など様々な疾患に投資している。

 

サノフィという名称自体は1973年にフランスの石油会社エルフアキテーヌの子会社として誕生してから使われているがその歴史は世界的な製薬会社としては比較的浅い。

しかしサノフィがこれまで買収や合併をしてきた企業には100年以上の歴史をもつ企業もある。最古の企業は300年前の1718年創業と江戸時代から続いている。

買収した数ある製薬会社でもドイツのヘキストはサノフィにとって重要な企業でドイツ初のインスリン「インスリンヘキスト」を製造した。

 

他にも様々な企業を買収・吸収してきた。有名なのは化粧品メーカーのロレアルの子会社
ロレアルの子会社「サンテラボ」を吸収し一時社名をサノフィ・サンテラボとしていた時期もある。
そんな経緯があり現在のサノフィの筆頭株主はロレアル。

サノフィという会社は石油、化学、化粧品、それぞれのTOP企業の集合体

動物医薬品事業はドイツの製薬会社ベーリンガーインゲルハイムとの事業交換で整理した。
なので今のサノフィの事業は3つ

 

製薬、ワクチン、一般用医薬品

 

ワクチン事業はサノフィパスツールとして世界的にも有名

 

(さらに…)

【企業分析】 シャイアー:武田薬品工業が6兆8000億円を費やして手に入れるもの

シャイアーはアイルランドのダブリンに本拠地を置く製薬会社
希少疾患の医薬品や難治性疾患に用いる薬を開発している。

 

これまでどの製薬会社も開発したことが無い治療薬を最初に開発すると大きな利益が製薬会社にもたらされる。それが患者数がごく少数の希少疾患薬であったとしても

 

なぜなら先進国は開発難易度の高い病気や希少で患者の絶対数が少ないことが想定される薬に対して特許独占期間の延長や高額な薬価設定をインセンティブとして製薬会社に認めている。

そんな希少疾患用医薬品開発で世界一なのがアイルランドのシャイアー

シャイアーは薄利多売が前提の後発医薬品メーカーTEVAと対極に位置する製薬会社

 

 

(さらに…)

【企業分析】 米メルク:キイトルーダで免疫チェックポイント阻害薬競争をリード

 

世界には「メルク」と呼ばれる製薬会社が2つ存在する。

 

アメリカ拠点のMerck & Co., Inc.(Merck Sharp & Dohme )
ドイツ拠点のMerck KGaA

 

 

製薬会社としての独メルクは1827年にドイツでエマニュエル・メルクが創業した。
そして米国の子会社として1891年に孫のジョージ・メルクが創業。

 

米国支社が第一次世界大戦中にアメリカの敵国ドイツ企業という事でアメリカ政府に接収されてしまう。その会社こそ現在の米メルク。

現在この2つの製薬会社に資本関係は無いが元を辿ればドイツにあった一つの薬局

売上的にみると独メルクは150億€と米メルクの半分強の規模だが設立の経緯をみるとドイツのメルクが本家でアメリカのメルクが分家

大恐慌の時にグラス・スティーガル法で政治的にモルガン商会から分離させられた
JPモルガンとモルガンスタンレーの関係に似ている。

 

(さらに…)

30年前に戻りダウ30銘柄に投資していたら現在どうなっているか一覧

 

ダウ工業株30種平均、それはアメリカ合衆国の超ブルーチップ

そこに採用されている時点で大企業。なので1年や2年で株価が10倍になるといったことは無い。

 

しかし投資期間を10年、20年、30年と拡大してみるとそのリターンは加速していく。

 

暇だったので現在のダウ30銘柄の過去30年間のパフォーマンスを調べてみた。

 

ゴールドマンサックスやビザのように30年前の1988年にIPOしていない銘柄はIPOした年からのパフォーマンス。

 

(さらに…)

【企業分析】 アストラゼネカ:肺がん治療のパイオニア

 

本社はロンドンにあり、研究開発本部はスウェーデンのストックホルム県セーデルテリエ市にある。
スウェーデンの製薬会社アストラと英国のインペリアル・ケミカル・インダストリーズ(ICI)の製薬部門が合併して誕生した。

なのでアストラゼネカはストックホルム証券取引所にも上場しており米国、英国、スウェーデンの3か国に株式を上場している。

 

胃酸分泌阻害薬の開発も得意で一番最初に上市されたPPIのオメプラール
オメプラールの光学分割異性体であるネキシウムは年間数十億ドルの売上を記録した。

 

そしてアストラゼネカは呼吸器疾患、喘息と肺がん領域に良い薬を持っている。

 

毎年数千億円売れている喘息発作予防薬のシムビコートとパルミコート

 

肺がん治療では分子標的薬のイレッサとその進化版タグリッソ、今流行りの免疫チェックポイント阻害薬で肺がん治療にブレークスルーを起こしそうなイミフィンジと肺においては隙が無い布陣

今となっては当たり前の分子標的薬だがそのパイオニアとなったイレッサ、そしてイレッサに対して耐性ができてしまった患者さんに使える薬を開発したのもアストラゼネカ。

 

 

 

(さらに…)

【SDA】 リスパダールとインヴェガとルーランとロナセンの違い

 

リスパダール インヴェガ ルーラン ロナセン
一般名 リスペリドン パリペリドン ペロスピロン ブロナンセリン
構造式
製薬会社 ヤンセン ヤンセン 大日本住友 大日本住友
発売年 1996年 2011年 2001年 2008年
等価量 1mg 1.5mg 8mg 4mg
薬価 26.8円(1mg) 253.2円(3mg) 30.6円(8mg) 140.7円(4mg)
効能・効果
  • 統合失調症
  • 小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性
  • 統合失調症
  • 統合失調症
  • 統合失調症
用法 1日2回 1日1回朝食後 1日3回食後 1日2回食後
一日最大量 12mg 12mg 48mg 24mg
薬理作用 5-HT2A>D2 5-HT2A>D2
  • 5-HT2A>D2
  • 5-HT1A刺激
D2>5-HT2A
半減期 3.9時間 19.6時間 5~8 時間 10.7時間
代謝酵素
  • CYP3A4
  • CYP2D6
  • CYP3A4
  • CYP2D6
  • CYP3A4
  • 1A1,2C8,2D6も関与
  • CYP3A4
代謝排泄
腎Cr制限 50ml/分以下
空腹時服用 影響無し 吸収低下 吸収低下 吸収低下
 
重篤副作用 リスパダール インヴェガ ルーラン ロナセン
低血糖
痙攣
肝機能障害

 

(さらに…)

【企業分析】 バイエル:モンサントという爆弾

バイエルは痛み止めのアスピリンを販売している製薬会社として世界的に知られている。

バイエルの会社としての起源はノバルティスと同じく染料業
染料はそれ自体が薬効を持つ物質が多く製薬業と親和性が高い

しかしバイエルは製薬分野だけではなく農薬部門、動物医薬品部門、OTC部門なども持つ

ノバルティスやアストラゼネカが農薬部門を売却して医療用医薬品に専念しているのとは対照的にバイエルは米モンサントを660億ドルで買収したり農業分野でも存在感を増している。

 

しかしそのモンサントの買収がバイエルへの投資の大きなリスクともなっている。

 

(さらに…)

【フィブラート系】 パルモディアとリピディルとベザトールSRの違い

 

パルモディア リピディル ベザトールSR
販売会社 興和 あすか/科研 キッセイ
一般名 ペマフィブラート フェノフィブラート ベザフィブラート
構造式
発売年 2018年 2011年 1995年
薬価 33.9円(0.1mg) 33.9円(80mg) 25.0円(200mg)
効能・効果 高脂血症 高脂血症 高脂血症
用法 1日2回(朝夕) 1日1 1日2回(朝夕食後
薬理 高活性かつ高選択なPPARαモジュレーター PPARαを活性化 PPAR(非選択的)を活性化
併用禁忌薬 シクロスポリン、リファンピシン
腎機能制限 血清Cr値が2.5mg/dL以上 血清Cr値が2.5mg/dL以上 血清Cr値が2.0mg/dL以上
肝障害患者 重篤な肝障害のある患者は禁忌 肝障害のある患者は禁忌 慎重投与
代謝型
尿中排泄率 14% 64% 69%
糞中排泄率 73% 36% 31%
パルモディア リピディル ベザトールSR
重篤な副作用
横紋筋融解症
肝機能障害
膵炎
アナフィラキシー
多形紅斑

*スタチン系との併用はすべて「原則禁忌」

 

(さらに…)

【企業分析】 グラクソ・スミスクライン:アドエア特許切れでも配当は維持できるのか?

 

 

 

グラクソ・スミスクラインはロンドンに本社を置く世界的な製薬会社
2017年の製薬会社売上世界第6位

2000年にグラクソ・ウェルカムとスミスクライン・ビーチャムの合併により誕生

その両社もそれまでに様々な製薬会社を買収、合併を繰り返してきた製薬会社
GSKが買収してきた企業でも最も歴史が古い企業は1715年創業のPlough Court pharmacy

直近では米がん治療薬ベンチャーのテサロを総額51億ドル(約5800億円)で買収と積極的にM&Aで成長してきた。

 

医療用医薬品だけでなく一般消費者向け薬でも有名なブランドを展開しており口腔ケアだとポリデントやシュミテクト、アクアフレッシュ等を販売している。

ワクチン事業も展開しており医薬品分野におけるコングロマリットを形成している。

 

(さらに…)

【喘息・COPD】アドエアとシムビコートの違い

 

アドエア シムビコート
製薬会社 グラクソスミスクライン アストラゼネカ
2017年売上 4750億円(1£=152円換算) 3140億円(1$=112円換算)
ステロイド成分 フルチカゾンプロピオン酸エステル ブデソニド
β2刺激成分 サルメテロールキシナホ酸 ホルモテロールフマル酸
β2作動様式 パーシャルアゴニスト フルアゴニスト
効能・効果 気管支喘息・COPD 気管支喘息・COPD
用法 1日2回 1回1吸入(ディスカス)

1日2回 1回2吸入(エアゾール)

1日2回 1回1吸入
1日最大吸入回数 2回(ディスカス) 4回(50エアゾール) 12回(常用量+屯用)
発現時間 15 分 1
持続時間 12時間 12時間
小児適応 ×
屯用 ×
肺胞到達率 15%(ディスカス)

29%(エアゾール)

32%

 

 

 

アドエアは世界で最も売れている喘息治療薬。この薬一つで日本の中堅製薬会社である中外製薬の年間売上に匹敵する。

シムビコートも世界的に売れておりオプジーボを開発した小野薬品工業の年間売り上げを軽く超えている。

 

この2つの薬を開発販売しているのは英国の二大製薬会社グラクソスミスクラインとアストラゼネカ。さすが産業革命で大気汚染が進んで喘息患者がたくさん生まれた英国。

 

 

(さらに…)

次ページへ »