タグ: 痛み止め

【副作用が】 ロキソニンとカロナールの違い 【肝腎】

ロキソニン錠 カロナール錠
一般名 ロキソプロフェン アセトアミノフェン
構造式
発売年 1986年 1984年(細粒) 1996年(錠剤)
製薬会社 第一三共 あゆみ
効能効果 下記疾患の消炎・鎮痛

  1. 変形性関節症・歯痛・腰痛症
  2. 関節リウマチ、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群
  3. 急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)
  4. 手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎
下記疾患の( )・鎮痛

  1. 変形性関節症・歯痛・腰痛症
  2. 頭痛,耳痛,症候性神経痛,筋肉痛,打撲痛,捻挫痛,月経痛,分娩後痛,癌性疼痛
  3. 急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)
  4. 小児科領域における解熱・鎮痛
薬理作用 シクロオキシゲナーゼ阻害
  • 解熱作用:視床下部の体温調節中枢に作用して体温を下げる。
  • 鎮痛作用:視床と大脳皮質の痛覚閾値を高めることによる。
用法 1日3回、1回1錠 抜歯後疼痛は1回2錠可能 空腹時避ける 一日180mgが限度 ①と②:1回300~1000mgを経口投与し,投与間隔は4~6時間以上空ける

②:1回300~500mgを頓用する。適宜増減可。原則として1日2回まで1日最大1500mg

③:体重1kgあたり1回10~15mg,投与間隔は4~6時間以上 て60mg/kg/dayが限度

鎮痛効果 強い
抗炎症作用 強い 弱い
剤形 錠剤 細粒 ゲル テープ パップ 錠剤 細粒 原末 シロップ 坐剤
Tmax 0.45±0.03(hr) 0.46±0.19(hr)
T1/2 1.22±0.07(hr) 2.36±0.28(hr)
代謝・排泄
服用可能年齢 15歳以上 生後3か月以上
蛋白結合率 97% 25~30%
妊娠中 ×
授乳中 ×
インフルエンザ ×
市販薬
製薬会社 第一三共 ジョンソンエンドジョンソン

 

(さらに…)

【小児】 カロナール: 実はジェネリックな解熱鎮痛剤【インフルエンザ】

 

 

どこの病院や薬局にもある解熱鎮痛剤カロナール。その存在感から先発品かと思いきやジェネリック医薬品である。アセトアミノフェン錠には先発品が存在しない。

 

カロナールの主成分アセトアミノフェンは1873年に生化学者Harmon Northrop Morseにより合成され,1955年に米国のNcNeil社(現ジョンソンエンドジョンソン子会社)が小児用解熱鎮痛薬(タイレノール)として市販開始。

 

100年以上前から存在する物質なので先発も後発もない。有名なバイアスピリンも後発品。

 

日本では2011年まで一日上限量が1500mgと欧米の4000mgと比較して少なかったせいもあり解熱鎮痛作用が弱いとのイメージがある。だが然るべき量を使うとNSaidsにも大きく引けは取らない。

 

アセトアミノフェンは長期で服用すると肝機能障害リスクが上昇するので1500mg/dayが目安であることには違いない。アセトアミノフェンはPL顆粒やトラムセット、市販の総合風邪薬にも含まれているから重複にならないよう慎重に使用しなければならない。

 

しかし総合的にみるとカロナールはロキソニンなど他の消炎鎮痛剤にみられる胃荒れや腎機能低下が少なく安全性の高い薬である。インフルエンザや授乳・妊娠でもリスクを上昇させない。

 

(さらに…)

【頭痛】 ロキソニン:日本で一番使われている解熱鎮痛剤の効果【生理痛】

 

 

 

1986年に現在の第一三共から発売された解熱鎮痛剤ロキソニン。1986年といえば初代ドラゴンクエストが発売された記念すべき年。

第一三共にとってロキソニンとはエニックスにとってのドラクエシリーズ並みに重要な薬。2017年度のロキソニンシリーズ売上は365億円。

 

(さらに…)