タグ: アレルギー

【アトピー】 デュピクセント:年間自己負担60万円に相応しい効果とは?

 

アトピーとは?

 

湿疹を伴う激しい痒み、浸潤した皮膚から溢れる組織液、剥がれ落ちる皮膚その他諸々の不快な症状。直接生命に関わる病気では無いがQOLを著しく低下させる。

 

重症になると体中血だらけ、ボロボロで外に出ることもできないから学校や仕事にいけない。なのでアトピーは経済的損失が大きい病気でもある。

 

なぜアトピーになるのかは未だ解明できていない。免疫が暴走しているという事は分かっているがなぜ暴走するのかがわからない。

 

これまでは対処療法としてステロイドや抗ヒスタミン薬を使う治療しかなかった。重症の場合は免疫抑制剤を使うがそれでも抑えられない場合がある。そうなってくると標準治療では改善が見込めない。

 

皮膚科をきちんと受診しても医師はお決まりの治らない薬しか出さないので症状が改善しない。皮膚科医にしてもステロイドとシクロスポリンを使ってしまったらもうは切り札がない。どんなに治したいと医師が思っても治療法がなければどうしようもない。

 

そうやって医師も患者も手詰まりの状況に陥りエビデンスの無い民間療法に嵌って余計に症状を悪化させる悪循環に陥る。

 

だが2018年、ついにそんな状況を打破できる切り札が登場した。

 

それが仏サノフィと米リジェネロンが開発した「デュピクセント」

 

海外ではアトピー性皮膚炎だけではなく喘息の治療薬としても承認されている。

 

 

(さらに…)

【予防】アレグラとアレロックの違い 【インバースアゴニスト】

アレグラ アレロック
一般名 フェキソフェナジン オロパタジン
構造式
発売年 2000年 2001年
開発会社 サノフィ 協和発酵キリン
効能効果
  • アレルギー性鼻炎
  • 蕁麻疹
  • 皮膚疾患に伴うそう痒
  • アレルギー性鼻炎
  • 蕁麻疹
  • 皮膚疾患に伴うそう痒
  • 痒疹、皮膚瘙痒症、尋常性乾癬、多形滲出性紅斑の瘙痒(成人のみ)
薬理作用
  • ヒスタミンH1受容体拮抗
  • ケミカルメディエータ遊離抑制
  • ヒスタミンH1受容体拮抗
  • ケミカルメディエータ遊離抑制
  • タキキニン遊離抑制作用
用法 1日2回 1日2回(朝と就寝前
剤形 錠剤 OD錠 ドライシロップ 錠剤 OD錠 顆粒 目薬(パタノール)
Tmax 2.0時間 1.00時間
T1/2 16.6時間 8.75時間
服用可能年齢 6カ月以上 2歳以上
妊娠中リスク[AU基準] B2 B1
腎障害時 慎重投与
肝障害時 慎重投与
眠気発現率 0.5% 7.0%
脳内H1占有率 3% 13%
自動車運転 制限無し 運転してはいけない
併用注意
  • エリスロマイシン
  • 制酸剤[水酸化アルミニウム・水酸化マグネシウム製剤]
高齢者 記載無 慎重投与
市販薬 アレグラFX

 

(さらに…)

【市販】アレグラとアレジオンの違い 【ジェネリック】

アレグラ アレジオン
一般名 フェキソフェナジン エピナスチン
構造式
発売年 2000年 1994年
開発会社 サノフィ ベーリンガー・インゲルハイム
効能効果
  • アレルギー性鼻炎
  • 蕁麻疹
  • 皮膚疾患に伴うそう痒
  • アレルギー性鼻炎
  • 蕁麻疹
  • 湿疹・皮膚炎、皮膚痒症、痒疹、痒を伴う尋常性乾癬
  • 気管支喘息
薬理作用
  • ヒスタミンH1受容体拮抗
  • ケミカルメディエータ遊離抑制
  • ヒスタミンH1受容体拮抗
  • ロイコトリエンC4及びPAF拮抗
用法 1日2回 1日1回
剤形 錠剤 OD錠 ドライシロップ 錠剤 点眼薬 ドライシロップ
慎重投与 肝障害
Tmax 2.0時間 1.9時間
T1/2 16.6時間 9.2時間
服用可能年齢 6カ月以上 3歳以上
眠気発現率 0.5% 1.2%
脳内H1占有率 3% 7%
自動車運転 制限無し 注意すること
併用注意
  • エリスロマイシン
  • 制酸剤[水酸化アルミニウム・水酸化マグネシウム製剤]
妊娠中リスク B2 N/A

AU基準B2:妊婦および妊娠可能年齢の女性への使用経験はまだ限られているが、この薬による奇形やヒト胎児への直接・間接的有害作用の発生頻度増加は観察さていない。動物を用いた研究は不十分または欠如しているが、 入手しうるデータでは、胎仔への障害の発生が増加したという証拠は示されていない。

 

 

(さらに…)

次ページへ »