カテゴリー: 企業分析

【企業分析】 ブリストル・マイヤーズ スクイブ:小野薬品と共同開発したオプジーボ

 

ブリストル・マイヤーズ スクイブは一般用医薬品に強かったブリストルマイヤーズと抗がん剤など医療用医薬品に強かったスクイブが1989年に合併して誕生したアメリカの製薬会社

シーゲル銘柄であり1957~2012年の運用リターンは年率換算で14%と株主にとても優しい製薬会社

 

BMY社が開発した商品で最も有名なのは薬の半分が優しさで構成されていると噂のバファリン
しかし現在「バファリン」というブランドは日本だとBMY社ではなくライオン社が保有している。

 

じゃあ今は何を売っているのかと言えばノーベル賞で話題の抗がん剤オプジーボ
最初にPD-1を発見したのはノーベル医学・生理学賞を受賞された京都大学の本庶佑先生。その発見をきっかけに小野薬品工業とアメリカのバイオベンチャーであるメダレックスが開発。そのメダレックスを買収したBMYにオプジーボに開発が引き継がれた。

 

 

(さらに…)

【企業分析】 アッヴィ:世界で一番売れている薬ヒュミラと共に

 

 

 

この会社を語る上で欠かせないのが2017年売上世界ナンバー1のリウマチ治療薬ヒュミラ
2017年には2兆円以上の売上を記録しアッヴィ社売上全体の3分の2を占める

 

アッヴィはアボットからスピンアウトして誕生した会社。大ヒット薬ヒュミラの特許切れが常にアボット株の重しとなっていたので株主価値を高めるために分離した。そんな経緯で誕生したアッヴィにとってヒュミラはレゾンデートル。

 

現在の時価総額はアボットとアッヴィ共に1200億ドルと同規模で二つ足すとちょうどファイザーと同じ規模となる。

 

 

 

 

(さらに…)

【企業分析】 サノフィ:300年の歴史があるフランスの製薬会社

 

 

サノフィ最大のヒット商品はランタスというインスリン製剤
インスリンだけでなく経口の糖尿病治療薬グリメピリドなどDM分野に強みがある。

 

しかしランタスは特許が切れてバイオシミラーが他社から発売され売り上げは下降気味。

なので糖尿病分野だけでなく多発性硬化症や血友病、デュピクセントのようなアトピーや喘息分野など様々な疾患に投資している。

 

サノフィという名称自体は1973年にフランスの石油会社エルフアキテーヌの子会社として誕生してから使われているがその歴史は世界的な製薬会社としては比較的浅い。

しかしサノフィがこれまで買収や合併をしてきた企業には100年以上の歴史をもつ企業もある。最古の企業は300年前の1718年創業と江戸時代から続いている。

買収した数ある製薬会社でもドイツのヘキストはサノフィにとって重要な企業でドイツ初のインスリン「インスリンヘキスト」を製造した。

 

他にも様々な企業を買収・吸収してきた。有名なのは化粧品メーカーのロレアルの子会社
ロレアルの子会社「サンテラボ」を吸収し一時社名をサノフィ・サンテラボとしていた時期もある。
そんな経緯があり現在のサノフィの筆頭株主はロレアル。

サノフィという会社は石油、化学、化粧品、それぞれのTOP企業の集合体

動物医薬品事業はドイツの製薬会社ベーリンガーインゲルハイムとの事業交換で整理した。
なので今のサノフィの事業は3つ

 

製薬、ワクチン、一般用医薬品

 

ワクチン事業はサノフィパスツールとして世界的にも有名

 

(さらに…)

次ページへ » « 前ページへ