タグ: 高血圧

【高血圧】 ミネブロとセララの違い

ミネブロ セララ
一般名 エサキセレノン エプレレノン
構造式
発売年 2019年 2007年
開発 第一三共&エクセリクシス ファイザー
効能効果
  • 高血圧
  • 高血圧症
  • 慢性心不全(25mg錠・50mg錠のみ)
薬理 抗アルドステロン 抗アルドステロン
用法 1日1回2.5mg錠

適宜増減可

1日1回50mg錠

適宜増減可

剤形 錠剤 錠剤
Tmax 3.0(hr) 1.5(hr)
T1/2 18.6(hr) 5.0(hr)
 

薬価

1.25mg錠 46.9円 セララ錠25mg 44.7円
2.5mg錠 89.9円 セララ錠50mg 85.6円
5mg錠 134.9円 セララ錠100mg 162.7円
禁忌
  • カリウム保持性利尿薬、カリウム製剤
  • 高カリウム血症 or 5.0 mEq/L以上
  • 重度の腎機能障害
  • カリウム保持性利尿薬、カリウム製剤
  • 高カリウム血症 or 5.0 mEq/L以上
  • 中等度以上の腎機能障害(高血圧症)
  • 重度の肝機能障害
  • 微量アルブミン尿又は蛋白尿を伴う糖尿病患者
  • イトラコナゾール、リトナビル、ネルフィナビル
代謝 CYP3A CYP3A4
ミネブロの副作用 セララの副作用
国内臨床試験 国内及び外国臨床試験
総症例:1,250例 総症例:3,353例
副作用発現率 13.0% 副作用発現率 26.7%
1位 血清カリウム上昇 4.1% 頭痛 6.1 %
2位 高カリウム血症 1.7% めまい 2.6 %
3位 血中尿酸増加 1.4% 嘔気 1.9 %
4位 高尿酸血症 1.0% 高カリウム血症 1.7%

 

2019年1月に承認されたばかりの新薬ミネブロ。

 

ミネブロは第一三共と米国の製薬会社エクセリクシスが共同開発した。 ミネブロの売上に応じて第一三共はエクセルシスに対してロイヤリティを支払う契約を結んでいる。

画期的な新薬というわけではなくミネブロと同じ作用機序を持つ薬は既にセララとアルダクトンがある。 セララはアルダクトンの構造を改造して鉱質コルチコイド受容体に対する選択性を高めた薬。

 

(さらに…)

【ループ利尿薬】 ラシックスとダイアートとルプラックの違い

ラシックス ダイアート ルプラック
一般名 フロセミド アゾセミド トラセミド
開発 サノフィ ロシュ 田辺三菱/ロシュ
販売 サノフィ 三和化学 田辺三菱
利尿作用時間 6時間 12時間 8時間
等価量 40mg 60mg 4mg
注射剤の有無 × ×
抗アルドステロン作用 × ×
保険適用
心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫
高血圧 × ×
月経前緊張症 × ×

 

 

 

強力な利尿作用を有する3つのループ利尿薬。共通点と異なる点がある。

 

 

(さらに…)