定型抗精神病薬の一覧

承認年

 

フェノチアジン系

 

ブチロフェノン系

 

ベンザミド系

 

その他

 

 

統合失調症の症状は大きく2つに分かれる

 

陽性症状(幻覚・妄想)

陰性症状(感情鈍麻・意欲低下)

 

現在の第一選択薬はリスペリドンなど非定型抗精神病薬だがリスペリドンが登場するまでは定型抗精神病薬クロルプロマジンやハロペリドールが主役。

それらの薬は中脳辺縁系にあるドパミンD2受容体を強力に遮断して陽性症状を抑え込む。

しかし受容体選択的にダーティな薬が多く副作用もでやすい。

 

それでもどうしても症状を抑えたい場合の切り札として今でも定型抗精神病薬は精神医療において不可欠な薬

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)