【喘息】 アドエアとレルベアの違い

アドエア レルベア
製薬会社 グラクソ・スミスクライン グラクソ・スミスクライン
2018年売上 3391億円 1525億円
発売開始 2007年 2013年
ICS フルチカゾンプロピオン酸エステル フルチカゾンフランカルボン酸エステル
LABA サルメテロールキシナホ酸 ビランテロールトリフェニル酢酸
効能・効果
  • 気管支喘息
  • 慢性閉塞性肺疾患(ディスカスとエアゾール125のみ)
  • 気管支喘息
  • 慢性閉塞性肺疾患(レルベア100のみ)
吸入回数 1日2回 1日1回
効果持続時間 12時間 24時間
効果発現時間 15分 8分
小児 5歳以上 ×
製剤 ディスカス、エアゾール エリプタ
等価換算 アドエア250 レルベア100
代謝 CYP3A4 CYP3A4
重大な副作用
アナフィラキシー
肺炎
カリウム値低下

*1ポンド140円として計算

 

 

2007年に日本で発売されたぜんそく治療薬アドエア。

 

最盛期には年間7000億円を売り上げ喘息治療薬として世界トップの地位に君臨。イギリスの製薬会社GSKにとって過去10年間で一番売れている薬。

 

 

それまで別々に吸入していたステロイド吸入剤とβ2刺激剤を合体させて利便性を向上させただけでなく2つの薬を併用すると1+1=3のようなシナジー効果が大ヒットの一因。レルベアには無い5歳以上の小児適応もあり幅広い年齢層で使われている吸入薬。

 

しかしアドエアも世界的には発売されて20年にもなり売上が下降気味で特許切れも迫っている。そんなアドエアの後継薬としてGSKが開発したのがレルベア。

 

 

 


用法の違い


 

一番の違いは吸入回数。アドエアは1日2回だがレルベアは1日1回の吸入。

 

喘息治療の基本は発作を起こさせないこと。その為には自覚症状が無くても毎日吸入しなくてはならない。だが毎日吸入というのは存外難しい、特に自覚症状が無い時は。1日2回欠かさず毎日吸入を年単位で欠かさず行うというのは根気がいる。可能な限りその負担は少ない方が良い。

 

1回吸入するのに1分掛かるとしたらアドエアからレルベアに変更すると年間365分。

6時間の節約となる。

 

吸入回数の半減というのはMRからしたら医師にアピールしやすい明確な利点。

 

 

 


効果


 

アドエアとレルベアに差は無し

 

 

レルベア100とアドエア250ディスカスを比較したphaseⅢ試験(12歳以上喘息患者)で統計学的有意差は無し。

 

しかし非臨床試験ではレルベアのフルチカゾンフランカルボン酸エステルの方がアドエアのフルチカゾンプロピオン酸エステルよりもグルココルチコイド受容体に対する親和性が約1.7倍。

 

レルベアのビランテロールトリフェニル酢酸塩もアドエアのサルメテロールキシナホ酸よりβ2受容体に対する選択性が高かったというデータがある。

 

非臨床試験の差がそのまま臨床に反映されるわけではない。少なくともレルベアはアドエアに対して劣っていないという事は証明されている。

 

効果が同等で1日2回から1日1回に吸入回数を減らせて自己負担も安くなるというならアドエアからレルベアに変更するメリットとなる。

 

 

 


薬価


薬価
アドエア250ディスカス28 3434.0 レルベア100・14 2703.6
アドエア250ディスカス60 7168.7 レルベア100・30 5689.4
アドエア500ディスカス28 3841.7 レルベア200・14 2987.1
アドエア500ディスカス60 8144.6 レルベア200・30 6353.2

*2019年5月時点

新薬レルベアの方がアドエアよりも安い。標準のアドエア250・レルベア100の一か月用だと3割負担の場合440円安くなる。

2つともまだジェネリック医薬品は日本に存在しない。

 

 

 

アドエアとレルベアの売上

 

喘息の吸入薬の場合は薬の成分だけでなく吸入器具にも特許があったりで中々ジェネリック医薬品が登場しなかったが最近アメリカでTEVAやマイランがアドエアのジェネリック医薬品を開発・承認された。日本でも近いうちにアドエアのジェネリック医薬品が登場するはず。

 

そうなるとアドエアとレルベアの売上は逆転する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。