【市販薬】 イブプロフェンとロキソプロフェンの違い 【医療用】

商品名 ブルフェン ロキソニン
ブルフェン錠 ロキソニン錠
一般名 イブプロフェン ロキソプロフェンNa
イブプロフェン
承認年 1971 1986
開発 アボット 第一三共
製造販売 科研 第一三共
小児 5歳以上 ×
1日最大量 600mg 180mg
妊婦(後期) 禁忌
妊婦(後期以外) 有益性が危険性を上回る場合のみ
授乳中 授乳を中止させること
市販薬区分 指定第2類 第1類

 

日本の解熱鎮痛剤市場で激しく争っているイブプロフェンとロキソプロフェン。

 

医療用医薬品分野では使用量でロキソプロフェン製剤がイブプロフェン製剤を圧倒しているが市販薬分野だとほぼ互角。

市販薬ロキソニンSは薬剤師が居ない時は購入できないがイブシリーズであれば薬剤師不在でも購入することができるので利便性はイブに軍配が上がる。

 

効能・効果
ブルフェン ロキソニン
鎮痛消炎 関節リウマチ、手術並びに外傷後
関節痛及び関節炎 変形性関節症
神経痛及び神経炎 肩関節周囲炎
腰痛 腰痛症
頸腕症候群 腕症候群
子宮付属器炎 歯痛
月経困難症 抜歯後
紅斑(結節性紅斑、多形滲出性紅斑、遠心性環状紅斑)
解熱鎮痛 急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

 

医療用医薬品としての違いですが使える病気が違います。医療用ロキソニンは歯痛に保険適応がありますが生理痛には適応がありません。

avatar

織部

 

avatar

利休

市販薬のロキソニンSはパッケージに頭痛・生理痛に効くて書いてるんじゃが?

 

ロキソニンSは医療用と同じロキソプロフェンNaを同量配合されているので実際には同じ効果があるんですが医療用では生理痛に使えません。保険的に

avatar

織部

 

もともと医療用ロキソニンには歯痛も適応が無かったんですが口腔外科学会から歯痛にも適応を認めてほしいという要望が出て2005年に正式に使える事になりました。

avatar

織部

 

avatar

利休

ロキソニンが無かったら歯痛は地獄じゃ

 

我々の時代はロキソニンどころか麻酔すら無かったから文字通り地獄でしたね、神頼みの札に歯痛を治してほしいと庶民の切なる願いが書かれていました。

avatar

織部

 

avatar

利休

でも歯痛は神でも治せなかった。つまりロキソニンは神以上

 

虫歯で苦しんだ徳川家茂さんに虫歯の痛みが無くなる薬を一個1両で売りますと言ったらすぐにお買い上げしたでしょうね

avatar

織部

 

 

禁忌
ブルフェン ロキソニン
共通 本剤過敏症、消化性潰瘍、重篤な血液の異常、重篤な肝障害、重篤な腎障害、重篤な心機能不全、アスピリン喘息、妊娠末期
固有 重篤な高血圧症
ジドブジン

avatar

利休

なんでイブプロフェン飲むと血圧が上がるんじゃ?

 

プロスタグランジンという痛みに関わる物質を邪魔して効果を発揮するんですがプロスタグランジンは腎臓で必要な物質でもあります。

avatar

織部

 

avatar

利休

腎臓と血圧になんの関係が?

 

腎臓の機能が低下すると余計な水分が排出できなくなり体内に余計な水を貯える事になります。体に余計な水が溜まると圧が高まり血圧も高まるという話です。

avatar

織部

 

avatar

利休

じゃあ血圧高いんならロキソニンじゃな

 

ロキソニンでも作用機序的に同じなので同じ副作用が現れるはずです。血圧が少し高い位ならそこまで神経質になることはありませんが血圧が高く痛み止めを連用する場合は注意するべきです。

avatar

織部

 

avatar

利休

2つとも腎臓に負担をかける薬ということじゃな

 

この腎臓への作用を逆手にとって夜間頻尿にロキソニンを使う事もありますが思いっきり適応外なので良い子はマネしないように。

avatar

織部

 

重大な副作用
ブルフェン ロキソニン
共通 ショック、アナフィラキシー、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性腎障害、ネフローゼ症候群、間質性腎炎、無菌性髄膜炎、肝機能障害、黄疸、喘息発作
固有 消化性潰瘍 消化管出血
胃腸出血 消化管穿孔
潰瘍性大腸炎 小腸・大腸の狭窄・閉塞
横紋筋融解症
うっ血性心不全
間質性肺炎

2016年にロキソニンの重大な副作用として腸の狭窄・閉塞が追加されました。

avatar

織部

 

avatar

利休

どんな症状?

 

簡単に言えば腸管が狭くなり詰まるんです。

avatar

織部

 

avatar

利休

トイレが詰まるんじゃなく自分の腸管が詰まるんじゃな、恐ろしや

 

ただこの副作用の発生率はごく少数ですし服用を中止したら回復したので過度に心配しなくてもいいです。

avatar

織部

 

avatar

利休

ロキソニンの副作用に間質性肺炎があるんじゃのう、コロナ的に考えると危険じゃ

 

発症率は不明ですがリスクは高まります。

avatar

織部

 

 

早く効くロキソニン
ブルフェン ロキソニン
有効成分 イブプロフェン trans-OH体
Tmax 2.1±0.2(hr) 0.79±0.02(hr)
半減期 1.8±0.1(hr) 1.31±0.05(hr)

ブルフェンとロキソニンを比較するとロキソニンの方が早く血中濃度が上昇して鎮痛効果が出ます。逆に言うと早く効果が無くなります。

avatar

織部

 

avatar

利休

ロキソニンのtrans – OH体てなんぞ?

 

ロキソニンはプロドラッグといって体内に吸収されてから構造が変化します。その変化後の物質が消炎鎮痛剤として働くのでその物質の血中濃度を比較しています。

avatar

織部

 

avatar

利休

確かにロキソニンの方が早く効きそうじゃが強さもロキソニンの方が上かのう?

 

痛み止めとして2つの薬を直接比較した試験が存在しないのでどちらが効果的なのかはわかりません。一般的にはロキソニンの方が強いと言われていますがエビデンスを自分は知りません。

avatar

織部

 

 

5歳から使えるブルフェン、子供に使えないロキソニン

イブプロフェンを小児に使う時の用法用量は

ブルフェン(一般名:イブプロフェン)
対象年齢 1日に使う量
5~7歳 1日量 200~300mg
8~10歳 1日量 300~400mg
11~15歳 1日量 400~600mg

ロキソニンは15歳以上でしか使えませんがイブプロフェンの医療用ブルフェンは5歳から使用することが可能です。

avatar

織部

 

avatar

利休

じゃあ子供が熱出した時に市販薬のイブA(一般名:イブプロフェン150mg)使ってもいいんかのう?

 

イブA

 

いえ、イブAは15歳以上の人にしか使えません。イブシリーズはA以外にもEXやDXなど色々なイブプロフェン製剤がありますが全て15歳以上でしか使えません。

avatar

織部

 

avatar

利休

イブプロフェンの市販薬は処方薬に比べて危険なの?

 

許可申請の問題なので薬として違うというワケではありません。しかし・・・

avatar

織部

 

 

 

子供の熱冷ましはアセトアミノフェン

子供の熱冷ましはアセトアミノフェンを選ぶべきです。

avatar

織部

 

イブプロフェンもロキソプロフェンも同じNSaidsという同じ仲間でリスクは大きく変わりません。しかしアセトアミノフェンはNSaidsとは違う薬でより安全性が高いです。

avatar

織部

 

avatar

利休

最近流行ってるコロナウイルスにもイブプロフェンは使わない方がいいんかのう?

 

フランスで若者がイブプロフェンを服用して重篤化したという報告が上がっていますが因果関係は不明です。コロナウイルスに関してはまだ研究段階で何が効く・効かない、安全・危ないというのがハッキリとは判明していないです。しかし少なくとも安全性という面で考えるとアセトアミノフェンの方が良いと思います。

avatar

織部

 

avatar

利休

インフルエンザであってもイブプロフェンなどのNSaidsはNGじゃしな

 

ただの風邪なのかインフルエンザなのかコロナなのかは医師であっても検査しないとわかりません。その段階でやみくもにイブプロフェンを使う事はかなりリスクが高い行為です。

avatar

織部

 

avatar

利休

アセトアミノフェンは熱冷ましの効果はNSaidsより少し弱いかもしれんが安心じゃ

 

そもそも熱が37度台でそこまでつらくなければ無理に熱冷ましを使う必要はありません。熱が高いということは体内の免疫が活性化している証拠でもあるので。

avatar

織部

 

avatar

利休

じゃあ熱が何度以上になれば熱冷ましを使ったらいいんじゃ?

 

普段の平熱が低い患者さんもいるので一概に何度とは言えませんが医師は38度の後半になった時に使いようにアセトアミノフェンの頓服薬を処方することがあります。

avatar

織部

 

avatar

利休

何にしてイブプロフェンもロキソプロフェンも安易に使わないことじゃな

 

演習問題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)