タグ: 喘息

【去痰】 ムコソルバンとムコダインの違い 【慢性副鼻腔炎】

ムコソルバン ムコダイン
分類 粘液潤滑 粘液修復
一般名 アンブロキソール カルボシステイン
構造式
発売年 1983年 1981年
開発会社 ベーリンガーインゲルハイム サノフィ
販売会社 帝人ファーマ 杏林
効能効果

下記疾患の去痰
急性気管支炎、気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核、塵肺症手術後の喀痰喀出困難

慢性副鼻腔炎の排膿

下記疾患の去痰
急性気管支炎、気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核、上気道炎(咽頭炎、喉頭炎)滲出性中耳炎(シロップ、DSのみ)

慢性副鼻腔炎の排膿

主な薬理作用
  • 肺サーファクタントの分泌促進
  • 線毛運動亢進
  • 杯細胞過形成抑制
  • 喀痰中のシアル酸、フコースの構成比を正常化
  • 粘膜正常化
  • 杯細胞過形成抑制
用法 1日3回 1日3回
剤形 錠剤 徐放性錠 ドライシロップ シロップ 内用液 錠剤 ドライシロップ シロップ
Tmax 2~4時間 2.3時間
T1/2 5時間 1.6時間
服用可能年齢 幼児 幼児
副作用発現率 0.5% 0.91%
1日成人量薬価 47.4円 40.8円

 

 

痰や咳はほこりや病原菌から身を守る生体防御機構。適度な粘性の気道粘液はウイルスや細菌の排除において重要。

 

しかしその生体防御機構が風邪の時などにはバランスが壊れて痰の粘性が高まり排出できなくなる。そういった時に使う薬が去痰薬のムコソルバンやムコダイン。この2つはよく併用されるが薬理作用は異なる。

 

(さらに…)

【喘息・COPD】アドエアとシムビコートの違い

 

アドエア シムビコート
製薬会社 グラクソスミスクライン アストラゼネカ
2017年売上 4750億円(1£=152円換算) 3140億円(1$=112円換算)
ステロイド成分 フルチカゾンプロピオン酸エステル ブデソニド
β2刺激成分 サルメテロールキシナホ酸 ホルモテロールフマル酸
β2作動様式 パーシャルアゴニスト フルアゴニスト
効能・効果 気管支喘息・COPD 気管支喘息・COPD
用法 1日2回 1回1吸入(ディスカス)

1日2回 1回2吸入(エアゾール)

1日2回 1回1吸入
1日最大吸入回数 2回(ディスカス) 4回(50エアゾール) 12回(常用量+屯用)
発現時間 15 分 1
持続時間 12時間 12時間
小児適応 ×
屯用 ×
肺胞到達率 15%(ディスカス)

29%(エアゾール)

32%

 

 

 

アドエアは世界で最も売れている喘息治療薬。この薬一つで日本の中堅製薬会社である中外製薬の年間売上に匹敵する。

シムビコートも世界的に売れておりオプジーボを開発した小野薬品工業の年間売り上げを軽く超えている。

 

この2つの薬を開発販売しているのは英国の二大製薬会社グラクソスミスクラインとアストラゼネカ。さすが産業革命で大気汚染が進んで喘息患者がたくさん生まれた英国。

 

 

(さらに…)