タグ: 吸入

【抗インフルエンザ薬】 ゾフルーザとタミフルとイナビルの違い

 

 

 

ゾフルーザ タミフル イナビル
一般名 バロキサビル マルボキシル オセルタミビル ラニナミビル
構造式
製薬会社 塩野義 ロシュ 第一三共
発売年 2018年 2001年 2010年
2017年度売上 N/A 600億円(5.35億CHF) 253億円
治療量薬価 4789円(体重60kgの成人) 2720円(後発は1360円) 4280円
3割負担 1436円 816円(後発は408円) 1284円
薬理作用 キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害 ノイラミニダーゼ阻害 ノイラミニダーゼ阻害
効能・効果 A型又はB型インフルエンザウイルス感染症の治療 A型又はB型インフルエンザウイルス感染症の治療及びその予防 A型又はB型インフルエンザウイルス感染症の治療及びその予防
用法(治療) 12 歳以上は 40mg単回

80Kg以上は80mg単回

小児量は別表記載

成人or37. 5kg以上小児に1 回75mgを 1 日 2 回、 5 日間 10歳以上:40mg

10歳未満:20mg

用法(予防) 予防には使えない 成人:1 回75mgを1日1回、7~10日間

37. 5kg以上小児:1 回75mgを1日1回×10日間

成人:40mgを単回or 20mgを1日1回×2日間

10歳未満:20mg単回吸入

半減期 95.8時間(空腹時) 6.4時間(空腹時) 74.4時間
妊婦 ベネフィット>リスクの場合のみ B1[AU基準] ベネフィット>リスクの場合のみ
授乳 避ける 避ける 避ける
慎重投与 重度の肝機能障害 高度の腎機能障害 乳製品過敏症
副作用1位 腹痛(6.8%) 下痢(4.7%)
副作用2位 下痢(5.5%) 悪心(0.8%)
副作用3位 嘔気(3.9%) ALT上昇(0.8%)、

*ゾフルーザは通年で2018年3月に販売を開始してので通年の売上データが無い。

*タミフルの売上は中外製薬の親会社ロシュの全世界での売上

*オーストラリア基準B1:動物実験が十分に行われ、胎児への障害が増加したという証拠は示されていない。

 

 

インフルエンザ感染症発病から48時間以内に服用すること。それ以上経過した場合の有効性は確認されていない。これら3つの薬は治療効果に明確な違い無し。なので患者にとって使い勝手の良いものを選ぶ。

 

 

(さらに…)

【喘息・COPD】アドエアとシムビコートの違い

 

アドエア シムビコート
製薬会社 グラクソスミスクライン アストラゼネカ
2017年売上 4750億円(1£=152円換算) 3140億円(1$=112円換算)
ステロイド成分 フルチカゾンプロピオン酸エステル ブデソニド
β2刺激成分 サルメテロールキシナホ酸 ホルモテロールフマル酸
β2作動様式 パーシャルアゴニスト フルアゴニスト
効能・効果 気管支喘息・COPD 気管支喘息・COPD
用法 1日2回 1回1吸入(ディスカス)

1日2回 1回2吸入(エアゾール)

1日2回 1回1吸入
1日最大吸入回数 2回(ディスカス) 4回(50エアゾール) 12回(常用量+屯用)
発現時間 15 分 1
持続時間 12時間 12時間
小児適応 ×
屯用 ×
肺胞到達率 15%(ディスカス)

29%(エアゾール)

32%

 

 

 

アドエアは世界で最も売れている喘息治療薬。この薬一つで日本の中堅製薬会社である中外製薬の年間売上に匹敵する。

シムビコートも世界的に売れておりオプジーボを開発した小野薬品工業の年間売り上げを軽く超えている。

 

この2つの薬を開発販売しているのは英国の二大製薬会社グラクソスミスクラインとアストラゼネカ。さすが産業革命で大気汚染が進んで喘息患者がたくさん生まれた英国。

 

 

(さらに…)