モルヌピラビルを開発したメルクという会社について

  • モルヌピラビルが無くても経営は鉄板
  • 2020年の総売上高は約488億ドル
  • 最重要の薬は抗がん剤キイトルーダ
  • ワクチン事業やアニマルヘルスも好調

 

 

avatar

利休

待望の新型コロナ治療薬が完成しそうじゃのう。承認されたら数十億ドルの売り上げが期待できそうじゃし開発したメルク株を購入してみようかのう。

 

ちょっと待ってください。確かに承認されたら数十億ドルの売り上げが期待できますがメルク株爆上げとはなりませんよ。

avatar

織部

 

avatar

利休

なぜじゃ?数千億円も売れる商品の開発に成功したんじゃから株価も月まで飛んでいきそうじゃが?

 

それはすでにメルクという会社が超巨大企業だからです。

avatar

織部

 

avatar

利休

そんなに大きい会社なんかのう?

 

日本で有名な武田薬品工業と比較すると時価総額は4倍です。

avatar

織部

 

avatar

利休

6兆円も使ってシャイアー買収した事で有名なあの武田さんの4倍とな?

 

メルクの2020年売り上げは480億ドルもあります。仮に70億ドルと年間売上を仮定してもアップサイドは14%しかありません。

avatar

織部

 

avatar

利休

メルク株のチャートを見るとモルヌピラビルの臨床試験結果が発表されたと同時に株価が上昇しておるのう・・・

 

メルク株の推移

 

株価が上昇したことにより時価総額は約50億ドル増加しました。なのでモルヌピラビルの商業的な成功はすでに株価に織り込まれていると思います。

avatar

織部

 

avatar

利休

なんて骨体! やっぱりメルク株を買うのはやめじゃ、こんな時価総額22兆円の会社なんてもう成長見込みも無いし。

 

いつも師匠は近視眼的な投資をするから損をするんです。このメルク株は新薬開発ガチャでSSRを引きに行くようなギャンブル銘柄ではないんです。10年後や20年後を見据えて投資する資産株です。

avatar

織部

 

avatar

利休

そんなに良い会社なんかのう?

 

メルクの中心的な薬はキイトルーダという抗がん剤です。この薬は2020年に143億ドルを売り上げましたが2021年は200億ドルの売り上げが予想されています。

avatar

織部

 

avatar

利休

たしかコロナワクチンで成功したモデルナ社の2021年売上予想が200億ドルじゃったのう。

 

モデルナは現時点で売上がワクチン一本です。

avatar

織部

 

avatar

利休

王貞治もビックリの一本足打法じゃのう。

 

それに対してキイトルーダは世界中で新たな適応症を取得しており最終的には300億ドルまで伸びると予想するアナリストも居ます。

avatar

織部

 

avatar

利休

キイトルーダの特許はいつまでなんじゃ?

 

米国内だと2028年です。あと6年ですがそれまでに毎年200億ドル以上の売り上げが期待されています。

avatar

織部

 

avatar

利休

コロナワクチンが2028年まで全力で使われる可能性よりはキイトルーダの方が確実性が高そうじゃのう。

 

コロナが収束するかどうかは神のみぞ知る所ですががん患者数が減ることは無いです。

avatar

織部

 

avatar

利休

先進国はどこも高齢者しておるからのう。世界第二位の経済大国中国も高齢化してそれに伴ってがん患者も増えておる。

 

最近メルクは中国国家医療製品監督管理局からキイトルーダの新適応を取得しました。局所進行性の切除不能または転移性の食道または胃食道接合部の癌患者に対する第一選択薬として承認されました。

avatar

織部

 

avatar

利休

グーグルやFacebookは政治的な問題で中国国内でサービスを提供できないわけじゃが優れた薬というのはそういった政治判断をも超えて使われるのう。

 

特権階級の共産党幹部であろうともガンに罹ったら抗がん剤を欲しがります。その時点で世界でもっともエビデンスがある薬を。

avatar

織部

 

avatar

利休

日本でもキイトルーダは良く話題に上がっておるのう。

 

先月、日本の独立行政法人医薬品医療機器総合機構は、キイトルーダについて転移性トリプルネガティブ乳がん(TNBC)に対する化学療法との併用療法にゴーサインを出しました。

avatar

織部

 

avatar

利休

エーザイの抗がん剤レンビマとのコラボもすでに日米で承認されておるしキイトルーダはかなり好調じゃのう。

 

キイトルーダはメルクが1から開発したわけでなく買収した企業が開発していた薬です。

avatar

織部

 

avatar

利休

メガファーマの薬は1から開発した薬よりも買収して成功した薬のが多いのう。ギリアドのC型肝炎治療薬ハーボニーとか。

 

メルクを初めとしたメガファーマは買収を繰り返して成長してきました。ある意味で製薬投資のヘッジファンドとも言えます。その成果はメルク株のリターンにも表れています。

avatar

織部

 

メルク株のリターン

 

1986年に1万ドルを投資していたら2021年現在で62万ドルとなっています。

avatar

織部

 

avatar

利休

35年で62倍とはスゴイのう。ちょうど日本がバブルの時にメルク株を買っておけば今頃ワシは大金持ちじゃ。

 

メルク株も無敵ではないのでや糖尿病治療薬ジャヌビアなどの大型薬が特許切れになりそうなときは株価が低迷しました。その時に勇気を出して株を買うと大きなリターンが長期的には得られます。

avatar

織部

 

avatar

利休

これから資産形成を始める若い世代にはお勧めじゃのう。モルヌピラビル関係無しに

 

メルク株は投機ではなく投資対象の銘柄です。

avatar

織部

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)