カテゴリー: 未分類

【前立腺肥大症】 抗男性ホルモン薬のリスト

アボルブ プロスカー プロスタール
一般名 デュタステリド フィナステリド クロルマジノン酢酸エステル
販売開始年 2009年 日本未承認 1981年
製薬会社 GSK 米メルク あすか
効能・効果
  • 前立腺肥大症
  • 前立腺肥大症
  • 男性型脱毛症の進行遅延
  • 前立腺肥大症
  • 前立腺癌
基本用法 1日1回 1日1回 1日2回食後
薬理 5α還元酵素(ⅠとⅡ) 5α還元酵素(Ⅱ) 合成黄体ホルモン
推奨G A 保留(適応外) C1

source:前立腺肥大症診療ガイドライン

A :行うよう強く勧められる
C1 :行ってもよい

 

 

 

前立腺肥大症の第一選択薬は血管平滑筋を緩めるα1遮断薬だがα1遮断薬には前立腺そのものを縮小させる力が無い。前立腺は男性ホルモンにより肥大する。

なのでその男性ホルモンを邪魔して治療するという理にかなった治療法がホルモン治療。

 

アボルブの前立腺腫大の明確な患者(30 mL 以上)に対する有効性を支持する根拠は十分にある。2種類の 5α還元酵素の両方を阻害し,生化学的にはジヒドロテストステロンの産生をほぼ完全に抑制する。

血清 PSA 値に対して影響を与えるので投与前と投与中は定期的なPSA測定とあわせて前立腺癌の評価を行う。投与によりPSA値は約50% 減少するため,測定値を2倍した値を目安とする。

 

 

 

プロスカーは日本で未承認。1mg製剤はプロペシアとして男性型脱毛症の治療に自由診療で使われている。DHTに対する作用点が一つで2つのザカーロ(一般名:デュタステリド)に劣る。

 

 

 

プロスタール(一般名:クロルマジノン酢酸エステル)は合成黄体ホルモンで脳の視床下部に対してnegative feedbackをかけて精巣からのテストステロン分泌を抑制。

さらに前立腺細胞に対してテストステロン取り込み阻害作用,DHTとアンドロゲン受容体との結合阻害作用を有する。が有効性について強固なエビデンスがあるわけではなく他に有望な薬があるので使用頻度は減っている。同じ様な薬のパーセリンは既に製造中止。

 

 

【前立腺肥大症】 α1遮断薬のリスト

第一世代
ミニプレス エブランチル バソメット
一般名 プラゾシン塩酸塩 ウラピジル テラゾシン塩酸塩
販売開始年 1981年 1989年 1989年
製薬会社 ファイザー 科研 田辺三菱
効能・効果
  • 前立腺肥大症に伴う排尿障害
  • 本態性高血圧症
  • 腎性高血圧症
  • 前立腺肥大症に伴う排尿障害
  • 本態性高血圧症
  • 腎性高血圧症
  • 褐色細胞腫による高血圧症
  • 前立腺肥大症に伴う排尿障害
  • 本態性高血圧症
  • 腎性高血圧症
  • 褐色細胞腫による高血圧症
基本用法 1日2~3回 1日2回(朝夕食後) 1日2回

 

第二世代
ハルナール ユリーフ フリバス
一般名 タムスロシン塩酸塩 シロドシン ナフトピジル
販売開始年 2005年 2009年 1999年
製薬会社 アステラス キッセイ 旭化成ファーマ
効能・効果
  • 前立腺肥大症に伴う排尿障害
  • 前立腺肥大症に伴う排尿障害
  • 前立腺肥大症に伴う排尿障害
基本用法 1日1回食後 1日2回朝夕食後 1日1回食後

 

 

 

  • 前立腺肥大症の定義=前立腺の良性過形成による下部尿路機能障害を呈する疾患
  • 第一選択薬はα1遮断薬
  • α1受容体にもそれぞれサブタイプがありα1Aに対する選択性が高ければ高いほど低血圧の副作用が少なくなる。
  • α1遮断薬の有効性はほぼ同等で大きな差は無い。用量依存性がみられる。
  • 第一世代は最初降圧剤として開発され後に前立腺肥大症に適応を取ったのでα1A受容体に対する選択性が低く低血圧になりやすい(高血圧の薬なんだから当たり前だが
  • 術中虹彩緊張低下症候群という特有のリスクがある:白内障手術中に「水流による虹彩のうねり」,「虹彩の脱出・嵌頓」,「進行性の縮瞳」を 3 主徴とする虹彩の異変が生じる

 

ファイザー株への投資タイミングを検討すると・・・

Pfizer, Inc.

 

 

avatar

利休

うずうず

 

どうしたんですか師匠?

avatar

織部

 

avatar

利休

ファイザー株が安くなってきたから買いたくなってきたんじゃ

 

また師匠の安物買いの銭失いが始まりましたか

avatar

織部

 

安いには安いなりの理由があるんです

avatar

織部

 

avatar

利休

特許切れ部門をマイランと合併させてスピンオフするという話がじゃろ?そのスピンオフ分がもしかしたら減配になるかもしれないという噂で株価が下落しておるのは知っておるよ

 

今のファイザー株は確かに表面利回り4%と超大型製薬株にしては高めですがそれは今の配当額のままという前提ですからね、

avatar

織部

 

ファイザーは2009年に配当を半分にした過去があるので1割程度の減配であればまたするかもしれません。

avatar

織部

 

avatar

利休

でも減配して株価が暴落した直後に買っておけば大きなリターンを得られたわけじゃし、もしかしたら株主還元に熱心なファイザーなら逆に増配も

 

今回のディールでファイザーは一時的に100億ドル程度を得ますがでアレイバイオを買収した額と同規模なので借金返済に消える予定、なので少なくとも増配はしばらくないでしょうね。減配にならなければ上等といったところでしょうか

avatar

織部

 

avatar

利休

ワシ的には今回のスピンオフがそこまでファイザーの財務には影響を与えないと思っておるからいいタイミングじゃと。

 

avatar

利休

ファイザーやリリーといった最大手製薬株は投資するタイミングが重要じゃ

 

株は何でもそうだと思いますが( ^ω^)・・・

avatar

織部

 

avatar

利休

過去を振り返ると1999年から2018年のファイザーのリターンは約+99%でS&P500の+200%に大きく負け越して居る。

 

ダメじゃないですか

avatar

織部

 

avatar

利休

しかしじゃ、2000年のファイザーのバリュエーションは割高で配当利回りも1%台と雀の涙

 

 

avatar

利休

1999年はファイザー株投資するにはタイミング的に最悪でこの年に株式投資をワシがしてしてもファイザー株は買わなかったじゃろう、超大型製薬は小型バイオとは違い急成長が無い代わりに配当がある。その配当が無い超大型製薬株とか投資するメリットが無い

 

勝負ごとにタラレバは・・・

avatar

織部

 

avatar

利休

タラレバ言っても仕方ないが過去を反省することは必要じゃ

 

2000年前後のファイザー株と比べたら割安だとは思いますがこれから新薬事業に専念するファイザーが上手くいくか分からないので何とも言えないです

avatar

織部

 

avatar

利休

アッヴィの様に1つの薬に会社の命運が掛かっていれば将来の予測も少しは立てられようがファイザーの様に多くのヒット薬が無数にあると予想は困難じゃ

 

avatar

利休

どれだけ凄い製薬株アナリストでも10年後のファイザーで一番売れている薬を現時点で予測するのは無理じゃろう。

 

超大型製薬株は一つ一つの薬ではなくその会社そのものに賭ける感じがします。

avatar

織部

 

avatar

利休

これまで100年以上生き残ってきた会社で適切なバリュエーションという条件がそろえば買っても良いと思うんじゃがのう

 

結局ファイザー株は買うんですか?

avatar

織部

 

avatar

利休

前向きに善処する方向で検討

 

次ページへ » « 前ページへ