カテゴリー: 薬学演習

【前立腺肥大症】 α1遮断薬の演習問題

演習問題
1 白内障手術を受ける時にα1遮断薬を服用していると上昇するリスク
2 高血圧症治療でα1遮断薬が第一選択薬から外れた理由
3 エブランチルが女性に対して処方される場合の疾患を1つ
4 タムスロシン、シロドシン、ナフトピジルの中で最もα1A選択性が高いもの
5 シロドシンの臨床試験における射精障害の発現率
6 α1遮断薬が心不全の予後を悪化させる要因を1つ
7 α1A,α1B,α1D受容体のうち膀胱に最も多く発現しているもの
8 タムスロシン、シロドシン、ナフトピジルの中で最もα1D選択性が高いもの
9 ハルナールD錠は粉砕可能か?
10 シロドシンを代謝するCYP
11 前立腺肥大症に保険適応があるα1遮断薬のうち「重大な副作用」に狭心症がある薬
12 ウラピジルを代謝するCYP
13 「前立腺肥大症に伴う排尿障害」と「褐色細胞腫による高血圧症」に適応を持つα1遮断薬を挙げよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【薬学演習】 分子標的薬 解答編 01

レンビマとネクサバールについて
01 12mg
02 ネクサバール
03 CYP3A
04 血中濃度が低下する
05 手足症候群
06 不可(吸湿性があるので半錠も一包化も×)
07 根治切除不能又は転移性の腎細胞癌
08 血管内皮増殖因子(VEGF)、血小板由来成長因子(PDGF)
09 オニキスファーマ(現アムジェン子会社)
10 上昇する

【薬学演習】 分子標的薬 問題編 01

レンビマとネクサバールについて
01 根治切除不能な肝細胞癌にレンビマを使う時、患者の体重が55Kgの場合1回何mg処方するべきか?
02 手足症候群はネクサバールとレンビマ、どちらが発現頻度が高い?
03 レンビマの主な代謝酵素
04 なぜ脂っこいものを食べた後にネクサバールを服用してはいけないのか
05 チロシンキナーゼ阻害薬で頻発する皮膚の副作用
06 レンビマを半錠に分割してもいいか?
07 レンビマが承認されていないネクサバールが持つ適応症(2019年7月時点)
08 2剤が共通して阻害する血管新生に関係する因子
09  ネクサバールを開発したバイエルの共同パートナー
10 チロシンキナーゼ阻害薬を服用すると一般的に血圧はどうなる

出題元:レンビマとネクサバールの違い

 

 

解答

 

 

 

 

次ページへ » « 前ページへ