ニキビ外用薬の違い(合剤)

 

 

商品名 デュアック エピデュオ
一般名 クリンダマイシンリン酸エステル・過酸化ベンゾイル(3%) アダパレン・過酸化ベンゾイル(2.5%)
開発会社 GlaxoSmithKline ガルデルマ
販売会社 GlaxoSmithKline マルホ
日本販売年 2015年 2016年
薬価(1g) 144円 153.7円
用法 1日1回 1日1回(夕方から就寝前
薬理作用 リボゾーム50Sサブユニット阻害+フリーラジカル由来化学的殺菌 表皮角化分化抑制+フリーラジカル由来化学的殺菌
副作用発現率 30.6% 10.8%
慎重投与 抗生物質由来下痢又は大腸炎既往歴,アトピー体質
使用期間 12週 12週
保存方法 2~8 室温

 

 

(さらに…)

ニキビ外用薬の違い(単剤)

 

商品名 アクアチム ダラシンT ゼビアックス ディフェリン ベピオ
一般名 ナジフロキサシン クリンダマイシンリン酸エステル オゼノキサシン アダパレン 過酸化ベンゾイル
開発会社 大塚製薬 ファイザー 富山化学工業 ガルデルマ マルホ
販売会社 大塚製薬 佐藤製薬 マルホ ガルデルマ マルホ
日本販売年 1993年 2002年 2016年 2008年 2015年
薬価(1g) 34.5円 35.6円 76.9円 95.2円 115.4円
用法 1日 1日 1日1回 1日1回 1日1回
薬理作用 DNAジャイレース阻害 リボゾーム50Sサブユニット阻害 DNAジャイレース阻害 レチノイン酸受容体を刺激し表皮角化分化抑制 活性酸素による化学的殺菌作用とピーリング作用(コルネオデスモソーム変性)
慎重投与 幼児以下 抗生物質由来大腸炎既往歴、アトピー性体質
使用期間 4週間 4週間 4週間 12週間 n/a

 

 

(さらに…)

へんじができない じぶんは ただの しかばね のようだ。

 

同窓会とは学校を卒業した後社会的に成功した勝ち組が集う場所。高学歴で良い会社に入った自分の社会的地位を再確認する場所。

 

ということは自分のような半分ニート半分フリーターのようなちゃらんぽらんした存在がいっていい場所ではない。行けばダメージを負うことになる。

 

しかし自分にも学校時代から付き合いがある友人がいる。たまにLINEをする細々とした付き合いだが

その自分にとって一番長い付き合いの友人が同窓会に誘ってきた。

 

 

誘ってきた友人は知り合いが多い。しかもその付き合う知り合いがバラエティに富んでいる。経営者や医者といった勝ち組だけでなく自分のようなニートや無職、旅人の友人もいる。

超強力な磁石のように人を惹きつける能力がそいつにはある、自分のように人付き合いがほとんどない人間でもすごい力で引っ張られた。という流れで同窓会に行く羽目になった。

 

 

実は全く同窓会に行きたくなかったわけではない。その超強力磁石人間を通じて色々な噂話は聞いていたが今現在どうなっているか自分の目で確かめないとわからないこともあるだろう。

もしかしたら新しい出会いがあるかもしれない。そんなかすかな希望を持って同窓会に行ってみたが・・・

 

 

(さらに…)

【ループ利尿薬】 ラシックスとダイアートとルプラックの違い

 

 

商品名 ラシックス ダイアート ルプラック
一般名 フロセミド アゾセミド トラセミド
製造販売元 サノフィ 三和化学 田辺三菱
薬価 13.3円 29.9円 21.9円
利尿作用時間 6時間 12時間 8時間
等価量 40mg 60mg 4mg
注射剤の有無 × ×
保険適用
心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫
高血圧 × ×
月経前緊張症 × ×
特徴
抗アルドステロン × ×

 

 

 

強力な利尿作用を有するループ利尿薬 臨床の現場で使われているのは3種類 共通点と大きく異なる点がある。

 

 

(さらに…)

【PFE】 セレコックス:官能基によるロキソニンとの違い

 

 

データ(2018年現時点)

 

製薬会社:ファイザー
一般名:セレコキシブ
薬価(100mg):68.1円

 

1992 年に米国サール社(現 米国ファイザー社)で合成された。誕生から26年経過しているが今のところ日本で後発品は無い。前年の1991 年にシクロオキシゲナーゼ(COX)が正常組織に広く存在する COX-1(構成酵素)と、炎症時に主に炎症組織で誘導される COX-2(誘導酵素)の 2 種類が存在することが明らかになり開発がスタートした。

 

関節リウマチ、変形性関節症に対する臨床的有用性が認められたことから、2007 年 に承認された。2011年には抜歯後の痛み止めとしても承認されている。他のNSaidsよりも少ない副作用から整形外科領域で大ヒットしている。

 

 

 

(さらに…)

【企業分析】 アナプティスバイオ:デュピクセントという壁

 

アナプティスバイオは臨床試験段階のバイオテクノロジー企業。

 

主にアレルギー疾患を対象として薬を開発している。最大のターゲットはアトピー性皮膚炎。命に係わる病気ではないが患者数が多く完治が難しい病気。

 

まだ承認されたお薬は無し。株価上昇の原動力は新薬に対する夢と希望。

他企業と共同開発している薬もあるが完全にアナプティスバイオが権利を保有している薬は2つだけ。

 

 

(さらに…)

【悲報】 やよい軒で30分放置されたので食券を置いて立ち去る。

 

さんまの塩焼き定食を食べようとやよい軒に入ったらもう11月。秋は終わったからもう販売していなかった。

 

この時点でテンション下がったがしょうがない、ということで豚のしょうが焼き定食に変更し機械で食券を購入。

 

お昼時だったので店内はとても混雑しているが幸運にも隅っこの一人用の席が空いている、自分は電車の席を座るときも常に隅っこに座る。すみっこが空いていない時は座らない、両隣に知らない人が座られると居心地が悪くなってしまう。まだ立っている方が楽。

 

豚の生姜焼きチケットをテーブルの上に置いて店員さんが来るのを待つ。空いている時であればすぐに店員さんが来てチケットを半分切って持っていく しかし今日は忙しい店内。少ない店員がバタバタ動き回るている。

 

この日はお昼ご飯を食べたらすぐに行かなければいけないところがありゆっくりはできないので早くご飯を食べたいところ、しかしいつまでたっても店員さんは来ない。自分が座っている席が隅っこで厨房から死角になっているようだ。

 

入店してから5分してもチケットを取りに来ないというのはやよい軒ユーザーとして初体験、仕方ないので水を取りに行って 時間を潰した。

 

しかし10分経ってもチケットを取りに来ない。

 

(さらに…)

カナダ5大銀行の一つノヴァ・スコシア銀行を買ってみる

 

ノヴァ・スコシア銀行はカナダ五大銀行の一つ。

 

その中でも一番国際化が進んでいる銀行であり中南米に大きなプレゼンスを持っている。

 

2017年から18年にかけてチリ、コロンビア、ペルーで買収を行い南米でのプレゼンスはさらに拡大。ブラジルでは完全な銀行免許を持っている。

南米を始めとする新興国市場は年間純利益の3割以上を占める。 新興国市場は個人でも銀行でも同じくリスクが伴うのでそのぶん株価がディスカウントされている。

 

現在の株価は71カナダドルで配当利回りは4.8%と高配当、高配当ではあるが過去5年の配当性向は50%以下でありまだ増配の余地は大きいしPERも10倍と他の五大銀行より幾分安い。

 

ここ最近の米中貿易戦争騒動によって釣られ安となっているがそろそろリバウンドしそうだと思い100株買った。

 

(さらに…)

次ページへ » « 前ページへ