【大暴落】 アナプティスバイオ:期待の新薬が治験失敗して株価がマイナス70%

AnaptysBio

 

バイオテクノロジー企業アナプティスバイオが開発中のアトピー性皮膚炎薬治療薬候補エトキマブ

このエトキマブがアナプティスバイオの運命を決める

 

なぜならアナプティスバイオはまだ承認された薬が無く現在開発している薬が成功しなければ倒産

 

エトキマブは同社の中で最も開発段階が進んでいた治験薬なのでこの薬が失敗すると会社の存続に黄色信号が灯る

 

 


アトラス試験の失敗


 

中等度から重度のアトピー性皮膚炎患者を対象としたフェーズ2b臨床試験がアトラス試験

 

そのアトラス試験でエトキマブが主要エンドポイントを達成できなかったとの発表

エトキマブと偽薬を比較してEASIという評価項目を有意に改善することができなかった

 

つまり薬としての効果が見られなかったのでアトピー性皮膚炎治療薬として承認される見込みはかなり低くなった。

 

このエトキマブはインターロイキン33という炎症性サイトカインのモノクローナル抗体

なので好酸球性喘息や鼻ポリープなどの試験は継続されておりそれらの疾患では承認される可能性が残っている

 

 

だが仮に承認されたとしても患者数の多さ、市場の大きさが断トツのアトピー性皮膚炎で使えないということはエトキマブ、アナプティスバイオにとって大打撃

 

株価が7割下落してもなんらおかしくない

 

 

 


ライバル企業Dermira株が急上昇


Dermira

 

Dermiraもアトピー性皮膚炎治療薬レブリキズマブを開発している

 

こちらもインターロイキンを阻害するのだが阻害するのはIL-13と種類が異なる。

 

サノフィのアトピー性皮膚炎治療薬デュピクセントはIL4-IL13を標的とするがレブリキズマブはよりIL-13に選択性を高めている

 

10月に発表された試験でこちらはキッチリ偽薬に対して有意な結果を出した

 

Dermiraの時価総額はまだ5億ドル弱なので無事レブリキズマブがアトピー性皮膚炎治療薬として承認されたら株価は爆上げとなる

 

アナプティスバイオというライバルが脱落したのはDermiraにとってプラス

 

 

 

1 comment on 【大暴落】 アナプティスバイオ:期待の新薬が治験失敗して株価がマイナス70%

  1. お久しぶりです。
    バイオは賭けですがおもしろいので余剰資金で遊ぶのには最適ですよね。
    tgtxは早めに利益確定してしまい凹みました。
    バイオではないですがブルームエナジーなどもジェットコースターで最近楽しんでます。
    ポートフォリオの結果なども見てみたいので良かったら更新をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)