【新潟市西区】 夷霧来:黄金に輝く琥珀色ラーメン

夷霧来の店構え

新潟市西区にあるラーメン屋の夷霧来(いむら)

 

平日は23時まで営業しているので仕事帰りでも余裕。
新潟の飲食店は閉店が早いので23時までやってる店は貴重な存在

 

22時に行ったが自分以外にも仕事帰りのサラリーマンらしき人が漫画雑誌を読みながらカウンター席でラーメンを食べていた。

カウンター席の側には漫画や雑誌が置いてあり自由に読める。

ラーメンにのみ意識を集中するために作られた一蘭の味集中カウンターとは対照的。

マンガ読みながらダラダラ食べられるのでラーメンだけに集中しなくてもOK

小洒落た意識高い系ラーメン屋よりもこういう普通のラーメン屋が良い。

スーパーでレジに並ぶ時、若くて美人なレジよりオバちゃんのレジを無意識に選んでしまう的な安心感

 

ラーメン屋と言えば看板メニューがありコッテリならコッテリ、アッサリならアッサリと系統が決まっている店が多いがこの店はコッテリもアッサリも看板メニュー。

 

この日はその看板メニューの一つであるアッサリ系である

 

琥珀中華そば

 

を注文。

琥珀中華そば

琥珀中華そば

麺は縮れ細麺
スープはあっさりとしていて名前通り琥珀のような黄金色。

アッサリ系だがスープにシッカリ腰が入っているので肩透かし感が無い。

 

丿貫はこれまで北海道の函館ラーメンや釧路ラーメンといった本場でも沢山塩ラーメンを食べてきたがこの琥珀中華そばはそれらのラーメンに負けていない。

 

(゚Д゚)ウマー

 

 

琥珀中華そばのチャーシュー

チャーシューは厚いが脂身を敢えて少なくして琥珀スープに合わせている

ネギとほうれん草、そしてメンマ

メンマもシャキシャキシャキーンとした食感で美味しい

 

チャーシュー丼

琥珀中華そばのチャーシュー丼

チャーシュー丼はラーメンとは逆に脂身もしっかりしている
脂がしつこくならない様に生姜もまぶされている。

 

背脂コッテリラーメンと一緒にチャーシュー丼を食べると重いが琥珀中華そばとのペアは良い相棒

 

量的にも丁度良い。

 

店を出る時にはすべてが満たされていた。

 

まとめ

塩ラーメン好きの丿貫にとって琥珀中華そばはストライクゾーンど真ん中。

アッサリ系というのを言い訳に味が弱い塩ラーメンがあるが琥珀中華そばにそんな心配は要らない。

 

そして会計の時に次回のサービス券も貰える。

なので自分は同じ店で同じメニューを頼むというのは珍しいのだがこの店の琥珀中華そばは2回食べた。

 

満足感で言えば新潟で食べたラーメンでもかなり上位。

 

夷霧来
名称 夷霧来
住所 新潟県新潟市西区寺尾朝日通16-20
営業時間 月曜日~土曜日
11:00~15:00
18:00~23:00
日曜日、祝日
11:00~15:00
18:00~21:00
駐車場

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)