あべのハルカス:こたつに入りながら見るマジックアワー

あべのハルカス

あべのハルカスは昼間と夜で全く違う景色となる。

しかしその2つの時間のハザマである夕焼けもまた絶景。

 

夕陽が落ちてしまった後のマジックアワーも

 

あべのハルカス

若干曇っているが梅田周辺までは余裕で見渡せる。

 

あべのハルカス

ハルカスよりも知名度がある通天閣。

誰が名付けたか知らんけど通天閣て名前はカッコイイ

ビシッとしてる

 

あべのハルカス

柿食えば鐘が鳴るなり四天王寺

この四天王寺て名前も良い、強そう

制作者は聖徳太子とかまさに聖地

 

あべのハルカス

谷町筋

まっすぐに行くと天神祭りが行われる大川に架かる天満橋

 

あべのハルカス

阪神高速道路と阪和線が交わる

 

あべのハルカス

阪神高速に乗るとあっという間だが下道だとこの時間帯は混雑していて時間がかかる。

 

あべのハルカス

港大橋

調べたら1974年開通でもう約半世紀前の年代物。

歩行者でも通行出来たら是非とも行くんだが高速道路で不可能

 

だが手前のなみはや大橋は徒歩でも通行可能。

全長1740メートルで尚且つアップダウンが激しいので往復したらかなりの運動となる。

 

あべのハルカス

あべのグラントゥールを始め大きなマンションが立ち並んでいる。

しかし嘆きの壁を降りると西成区となり別世界が広がる。

 

あべのハルカス

大人の遊園地である飛田新地もそろそろ営業開始の時間。

 

あべのハルカス

飴を食べながら歩こう。

 

58F空中庭園のこたつ

あべのハルカスのコタツ

58階の空中庭園には南側に日本文化の象徴であるコタツが用意されている。

日本の文化を体験しにきた海外旅行客にオオウケ。

 

あべのハルカスのコタツ

コタツに入りながらおでんを食べ放題。

これが人気にならないはずはなく昼間から予約で埋まっている。

 

あべのハルカスのコタツ

そして入っているコタツを見ると全てカップル。

さすがにこのコタツ空間で独りおでんを食べることは無かった。

 

あべのハルカス

いつも思うんだがこの恋人の聖地とかどうやって決められるんだろう

どっかの利権団体が決めてるのか

 

あべのハルカス

などど小一時間思想に耽っていると後ろから視線を感じ振り返ると高校生カップルがこちらを見ている。

即退散

 

60F空中回廊

あべのハルカス

下の59階はお土産屋さん

 

あべのハルカス

夕焼けタイムが近いのでお客さんが増えてきた。

 

あべのハルカス

ハルカスは2014年に開業だが毎日こんなにもお客さんが来ている。

箱もの作って失敗続きの大阪市とは大違い

 

あべのハルカス

夕陽が見える西側は場所取りで良い位置取るのに一苦労

 

あべのハルカス

この写真撮影スポットには専属の写真撮ってくれる人が待機しているので丿貫のようなソロプレイヤーでも安心。

続く

 

 

あべのハルカス
名称 あべのハルカス
住所 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1番43号
営業時間 9:00~22:00 (最終入場は21:30)
駐車場 ×

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)