ファイザー株への投資タイミングを検討すると・・・

Pfizer, Inc.

 

 

avatar

利休

うずうず

 

どうしたんですか師匠?

avatar

織部

 

avatar

利休

ファイザー株が安くなってきたから買いたくなってきたんじゃ

 

また師匠の安物買いの銭失いが始まりましたか

avatar

織部

 

安いには安いなりの理由があるんです

avatar

織部

 

avatar

利休

特許切れ部門をマイランと合併させてスピンオフするという話がじゃろ?そのスピンオフ分がもしかしたら減配になるかもしれないという噂で株価が下落しておるのは知っておるよ

 

今のファイザー株は確かに表面利回り4%と超大型製薬株にしては高めですがそれは今の配当額のままという前提ですからね、

avatar

織部

 

ファイザーは2009年に配当を半分にした過去があるので1割程度の減配であればまたするかもしれません。

avatar

織部

 

avatar

利休

でも減配して株価が暴落した直後に買っておけば大きなリターンを得られたわけじゃし、もしかしたら株主還元に熱心なファイザーなら逆に増配も

 

今回のディールでファイザーは一時的に100億ドル程度を得ますがでアレイバイオを買収した額と同規模なので借金返済に消える予定、なので少なくとも増配はしばらくないでしょうね。減配にならなければ上等といったところでしょうか

avatar

織部

 

avatar

利休

ワシ的には今回のスピンオフがそこまでファイザーの財務には影響を与えないと思っておるからいいタイミングじゃと。

 

avatar

利休

ファイザーやリリーといった最大手製薬株は投資するタイミングが重要じゃ

 

株は何でもそうだと思いますが( ^ω^)・・・

avatar

織部

 

avatar

利休

過去を振り返ると1999年から2018年のファイザーのリターンは約+99%でS&P500の+200%に大きく負け越して居る。

 

ダメじゃないですか

avatar

織部

 

avatar

利休

しかしじゃ、2000年のファイザーのバリュエーションは割高で配当利回りも1%台と雀の涙

 

 

avatar

利休

1999年はファイザー株投資するにはタイミング的に最悪でこの年に株式投資をワシがしてしてもファイザー株は買わなかったじゃろう、超大型製薬は小型バイオとは違い急成長が無い代わりに配当がある。その配当が無い超大型製薬株とか投資するメリットが無い

 

勝負ごとにタラレバは・・・

avatar

織部

 

avatar

利休

タラレバ言っても仕方ないが過去を反省することは必要じゃ

 

2000年前後のファイザー株と比べたら割安だとは思いますがこれから新薬事業に専念するファイザーが上手くいくか分からないので何とも言えないです

avatar

織部

 

avatar

利休

アッヴィの様に1つの薬に会社の命運が掛かっていれば将来の予測も少しは立てられようがファイザーの様に多くのヒット薬が無数にあると予想は困難じゃ

 

avatar

利休

どれだけ凄い製薬株アナリストでも10年後のファイザーで一番売れている薬を現時点で予測するのは無理じゃろう。

 

超大型製薬株は一つ一つの薬ではなくその会社そのものに賭ける感じがします。

avatar

織部

 

avatar

利休

これまで100年以上生き残ってきた会社で適切なバリュエーションという条件がそろえば買っても良いと思うんじゃがのう

 

結局ファイザー株は買うんですか?

avatar

織部

 

avatar

利休

前向きに善処する方向で検討

 

2 comments on ファイザー株への投資タイミングを検討すると・・・

  1. PFE冷静に考えるとそこまで安くなってないんですけど下がってると買いたくなりますね
    今ってMYL側がオピオイドとかでメタメタなんで
    それと買収後の見通しの不明瞭さが超過収益の源になりそうな気がします
    今ってヘルスケアセクター全体的に割安感出てきてますよね

  2. 半年チャートで見ると割安でも10年チャートで見るとむしろ割高という罠

    しかしこの10年間はそう言っていると買いのタイミングを逃してしまっていたのでどこかで自分なりのポイントを見つけて買っていきたい今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)