阿寺渓谷:into the blue

 

今日は長野県のエメラルドな川で有名な阿寺渓谷にやって来ました。

avatar

織部

 

avatar

利休

かなり遠かったのう。山々を原付で突っ切ってきたから余計に時間が掛かったわい。

 

普通に19号線で来たら車なら名古屋から1時間半で着くはずです。自分らは原付で山に特攻したんでエライ時間が掛かりましたが・・・

avatar

織部

 

avatar

利休

しかし岐阜や長野の田舎道をゆっくり走るのも悪くないのう。

 

年を取ると田舎の良さが分かってきました。

avatar

織部

 

avatar

利休

中津川に来るまでにかなりの体力を消耗したのう。

 

上流になってくると川の色が碧くなってきました。

avatar

織部

 

まだまだ上流まで遡ります。

avatar

織部

 

avatar

利休

川の中にある石というか岩が特徴的じゃのう。

 

ついに阿寺渓谷前に到着。ここまでの所要時間は3時間強でした。

avatar

織部

 

avatar

利休

という事は帰りも3時間半・・・

 

今は考えないようにしましょう。

avatar

織部

 

avatar

利休

もう運転したくないから桃太郎みたいに大きな桶浮かべてそれに乗って名古屋に帰りたいのう。

 

さっきの下流の岩場で座礁します。

avatar

織部

 

avatar

利休

楽園が広がっておるのう。

 

皆の衆はバーベキューなどをして楽しんでいますね。

avatar

織部

 

avatar

利休

ワシらもバーベキューしようぞい。

 

 

バーベキュー道具も一緒にやる人も居ない我々はこの渓谷をこれから歩いて登るわけです。

avatar

織部

 

avatar

利休

なぜにこの炎天下を歩くの?原付は?

 

夏場シーズンは入山規制があって部外者は原付や車ではいれません。

avatar

織部

 

avatar

利休

熱中症になりそうじゃがここまで来たわけじゃし行くしかないのう。

 

とてもクリアなエメラルドリバーです。川の側でしばし休憩すると涼しくなります。

avatar

織部

 

 

avatar

利休

良い撮影スポットを発見、下りてみるかのう。

 

avatar

利休

木陰で涼しいし水は冷たいし最高じゃのう。

 

この透明度は感動します。写真でなく実際に見て欲しいです。

avatar

織部

 

avatar

利休

良付で命がけで来た甲斐があったわい。

 

avatar

利休

ワシの生まれ故郷にある道頓堀もこんな感じの川じゃったのう。

 

んなこたぁない。

avatar

織部

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)