【前立腺肥大症】 植物由来製剤のリスト

エビプロスタット セルニルトン
一般名
  • オオウメガサソウエキス
  • ハコヤナギエキス
  • セイヨウオキナグサエキス
  • スギナエキス
  • 精製小麦胚芽油
  • セルニチンT-60:60mg
  • セルニチンGBX:3mg
販売開始年 2008年 1969年
製薬会社 日本新薬 東菱薬品工業
効能・効果
  • 前立腺肥大に伴う排尿困難
  • 残尿及び残尿感
  • 頻尿
  • 慢性前立腺炎
  • 初期前立腺肥大症による次の諸症状
    排尿困難、頻尿、残尿及び残尿感、排尿痛、尿線細小、会陰部不快感
薬理作用
  • 抗炎症
  • 排尿促進
  • 前立腺の重量抑制
  • 抗酸化作用
  • 尿路消毒殺菌作用
  • 抗炎症
  • 排尿促進
  • 抗前立腺肥大
基本用法 1日3回 1日2~3回(1回2錠)
推奨G C1 C1

*エビプロスタットSDの発売は1967年で既に発売中止

 

昔から前立腺肥大症に使われている生薬由来成分のエビプロスタットとセルニルトン。

α1遮断薬や抗男性ホルモン薬と比べ効果は低く気休め程度の効果しかない。推奨グレードもC1と低め。エビプロスタットやセルニルトンだけで前立腺肥大症が完治するという事は無い。

 

その反面発売されてから悠久の時が流れ薬価も安くなり経済的には負担とならない。副作用の面でも生薬由来成分なので深刻な副作用は起きていない。添付文書を見ても2つとも併用禁忌どころか併用注意も無しと安全性が高い。

 

エビプロスタットは昔エビプロスタットSGという1日6錠服用するDBの半分量しか含有していないものがあったが用量を調節するタイプの薬でもなく誰得状態だったので販売中止となった。

 

 

 

古来スウェーデンでは民間療法として花粉を栄養剤、抗感冒剤、強壮剤などに用いた。セルニルトンは南スウェーデンのスカニヤ地方に生息する8種類の植物の混合花粉のエキスを主成分としている。緑色の錠剤からも植物ポイ感じがする。

花粉から作られているが花粉症持ちの人に対しても特段注意を払う必要は無い。

 

セルニルトンで唯一気を付けることがあるとすればそれは「臭い」

 

悪臭という訳ではないのだがどちらかというと不快な独特の臭いを醸し出している。癖がある臭いなので好きな人もいるかもしれないが・・・

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)