【企業分析】 ジョンソン・エンド・ジョンソン:ベビーパウダー問題で株価急落、だがしかし

 

バンドエイドでお馴染みのジョンソン・エンド・ジョンソン。

 

この会社の成り立ちは衛生の概念が確立していなかった1880年代に遡る。

 

ジョセフ・P・リスター博士が発表した「消毒」と「滅菌」の概念に感銘を受けた創業者ロバート・ウッド・ジョンソンが衛生的な医療機器を作ろうとしたのが始まり。

 

それから130年、人類の衛生、医療において大きく貢献してきた企業がジョンソン・エンド・ジョンソン。

 

(さらに…)

カナダが持っている対中国最終兵器はこれ

【北京=比嘉清太、ワシントン=大木聖馬】カナダ当局が昨年12月に米国の要請で拘束した中国通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)の孟晩舟モンワンジョウ・最高財務責任者(CFO)の身柄の扱いをめぐり、米国と中国の綱引きが激しさを増している。板挟みのカナダは打開策を見いだせていない。

米国が孟氏の身柄を引き受けるには、カナダの法律により、拘束から60日以内に身柄引き渡し要請の手続きをとる必要があり、今月30日がその期限にあたる。米司法省の報道官は22日、「米国とカナダの犯罪人引き渡し条約によって設定された期限を守る」との声明を発表し、30日までに正式要請する考えを明確にした。

中国側は、孟氏の身柄が米国に渡るのを阻止しようとけん制を強めている。

中国外務省の華春瑩フアチュンイン副報道局長は23日の定例記者会見で、米政府による孟氏の身柄引き渡し要請に関連して「(米国側には)いかなる正当な合理性もない」と非難した。

中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は23日の社説で、孟氏の身柄を米国に引き渡した場合には「中国の猛烈な報復に遭うことが予見できる」と報復措置を示唆し、「中国の国家の力はカナダよりはるかに強い」とも指摘した。

 

https://www.yomiuri.co.jp/world/20190124-OYT1T50013.html?from=y10

 

 

(さらに…)

次ページへ » « 前ページへ