カナダが持っている対中国最終兵器はこれ

【北京=比嘉清太、ワシントン=大木聖馬】カナダ当局が昨年12月に米国の要請で拘束した中国通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)の孟晩舟モンワンジョウ・最高財務責任者(CFO)の身柄の扱いをめぐり、米国と中国の綱引きが激しさを増している。板挟みのカナダは打開策を見いだせていない。

米国が孟氏の身柄を引き受けるには、カナダの法律により、拘束から60日以内に身柄引き渡し要請の手続きをとる必要があり、今月30日がその期限にあたる。米司法省の報道官は22日、「米国とカナダの犯罪人引き渡し条約によって設定された期限を守る」との声明を発表し、30日までに正式要請する考えを明確にした。

中国側は、孟氏の身柄が米国に渡るのを阻止しようとけん制を強めている。

中国外務省の華春瑩フアチュンイン副報道局長は23日の定例記者会見で、米政府による孟氏の身柄引き渡し要請に関連して「(米国側には)いかなる正当な合理性もない」と非難した。

中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は23日の社説で、孟氏の身柄を米国に引き渡した場合には「中国の猛烈な報復に遭うことが予見できる」と報復措置を示唆し、「中国の国家の力はカナダよりはるかに強い」とも指摘した。

 

https://www.yomiuri.co.jp/world/20190124-OYT1T50013.html?from=y10

 

 

 

 

人口も経済規模も軍事力もカナダより中国の方が上なのは事実。

 

だがその事実とファーウェイCFOの拘束の件には関係ない。

 

そもそも建前としてファーウェイは民間企業。だから中国共産党は関係無しと言っていた。

 

それなのにその民間企業CFOが逮捕されたら中国の国家としての力を誇示して他国を威嚇。

 

自らファーウェイは中国共産にとってどれ程重要な企業か宣伝しているようなもの。

 

 

 

戦う相手

 

 

中国はカナダ単独なら余裕で勝てる相手とみている

 

しかし中国がカナダを本気で攻撃するなら隣国の米国も出てくる。

 

カナダからしたら遠く離れた世界2位の独裁国家に首を垂れるか、隣にいる世界一の民主主義国家と共に戦うかの二択。

 

中国につく道理はない。

 

 

 

もしカナダに国家的圧力が通用するとしたらそれは国力が

 

 

 

中国>>>カナダ+米国

 

 

 

となった時。

 

 

 

 

 

 

カナダの対中国最終兵器

 

 

 

カナダは核を持っていない。しかし中国に致命的な一撃を与える武器を持っている。

 

それは

 

 

 

カナダ国内における中国共産党幹部の私的財産

 

 

 

 

習近平の姉夫婦の国籍はカナダ。

 

カナダは中国共産党幹部や中国人経営者にとって人気の国であり土地や資産を買いまくっている。

 

カナダは中国と違って人権が保障されているし平等な国で私的財産の所有も認められている。

 

中国共産党幹部は自国を信用していない。いつでも脱出できるように海外に資産を移している。

 

中国がカナダに圧力はそれなりに掛けるが、カナダがブチ切れて中国共産党幹部の資産を公表したり凍結したりするほどの圧力はかけられない。

 

中国共産党幹部からしたら国家よりも自分の一族と財産の方が大切。

 

カナダは中国共産党幹部にとっての命綱を握っている。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。