レオパレス生活を始める時に必要なモノと不要なモノ

必要なモノ

ポケットwifi レオパレスにはレオネットがあるが一つの回線を住人で共有するのでヘビーユーザーがいると速度が低下して下手したら画像ですらスムーズに見れない。
ノートパソコン デスクトップは重たいし引っ越し代が跳ね上がる。
トイレットペーパー 自分のケツは自分で拭くので必要。引っ越し段ボールに入れていく
リステリン(紫) 大きなタイプは重いのでAmazonで購入
ブラックキャップ 1階だとエンカウント率が高いので初日に配置
電気タップ 部屋にコンセント口が少ないので必須
炊飯器 レオパレスには置いていないので持ち込む
タオルケットとシーツ 直に肌に触れる寝具は持ち込む。そうする事で普段の自分の部屋を再現できる。
コタツ 備え付けの机と椅子はあるが使い心地が悪い。特に冬は椅子が冷たすぎるのでコタツがいる。
座布団 特に1階だとフローリングなので冬に直に座るのは有り得ない
枕が変わると眠れないので持ち込む
ヤカンと鍋と(IH対応) ガスは使えないので全てIH。備え付けではないので持参する。
湯飲み 普段使っているヤツを持ち込む
基本的に金芽米を食べている。米も重たいのでネット注文
フリカケ お金がないときは米とフリカケのみ
鮭フレーク 更にお金がない時はお粥にして鮭フレークで飢えを凌ぐ
乾燥したネギ 納豆にもラーメンにもネギを入れる。生のネギのが美味しいのだが日持ちしないので予備として
サッポロ一番 塩と味噌の発注比率は2:1で
毎日果実 以前はカロリーメイトだったが健康志向に。
醤油 刺身を醤油無しで食べるのは難易度が高い
アスコルビン酸Ca いわゆるビタミンC、ナトリウムフリーのCa
麻黄湯 風邪を引いた時に
ロキソニン 誰かに襲われて負傷した時に
掃除機 ハンディで静かなタイプ。煩いとすべての部屋に轟音が
ハンガー 元からある部屋もあるが基本的に無い
引越し段ボールに仕込む。ないと雨の日に傘が無い事を後悔する
包丁 肉や刺身を切ったり護身用としても活躍
バスタオル 浴室で乾燥させる
扇風機 ジョギングしたあとは暑い
洗濯洗剤 ジェルボール 備え付け洗濯機に一つボールを放り込む
ウェットティッシュ レオパレスは1階がフローリングなので入居が1階なら必須
石鹸 花王のやつ
シャンプーとリンス合体したやつ 合体してると二度手間にならずに便利
下着 最低三日分は引越し段ボールに詰めていく
靴下 無くても何とかなるが
ゴミ袋 自治体によってゴミ袋が異なるので現地調達
段ボール 帰る時にそのまま使えるのでばらさずにとっておく
ガムテープ これも帰りに使うので段ボールに入れておく

 

不要なモノ

テレビ、電子レンジ、洗濯機 レオパレスにある。むしろ無いとそこレオパレスじゃない
食器類 現地のダイソーで100円食器を調達。帰る時に捨てる。
敷き布団や掛布団 大抵は布団レンタル会社が用意してくれる。
お箸 お箸は使い捨て。洗うのが手間。地球環境より自分の環境優先
スプーンやフォーク・ナイフ 不要:日本人ならすべて箸で乗り切る
砂糖 野菜や果物の甘味で充分、それ以上は不養生。Gが来る
小さいカーペット フローリングな二階なら床が冷たいので
座椅子 昔は座椅子を使っていたが大きいので引っ越しの際邪魔になる
アイロン クリーニング屋に出すから不要。
加湿器 窓ガラスが結露して床がビショビショになったので使わなくなった。
バスマット 風呂の出入り口にはバスタオルを敷いておく。その方が洗いやすい
ゴミ箱 一番大きなゴミ袋を一つ部屋の隅に置いておく。レオパレスに捨てる場所があるので溜まったらすぐに捨てられる。捨て場が無いレオパレスは悲惨

 

引越しの方法

クロネコヤマトの宅急便

レオパレスは家具家電付きなので引越し業者を頼む必要が無い。上記の必要なモノを全て段ボールに梱包して郵送しても総額1万円は超えない。

 

コタツなど大きくて宅急便で送られないものはヤマト便という大きめな荷物を送れるサービスを利用する。宅急便はクロネコメンバーズで登録しておくと集荷依頼すると送り先を入力した伝票持って集荷の人が取りに来る。

 

ヤマト便はネットでは受け付けていないので電話で申し込む。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)