【勝利】 IGM Biosciences:IGM2323の試験結果が有望で株価+50%

IGM Biosciences

 

新規の抗体医薬品を開発しているIGM Biosciencesの株価が1日で50%以上上がりました。

avatar

織部

 

avatar

利休

ワシらは良いタイミングで買ってたから大勝利じゃのう。

 

2020年12月に臨床試験の結果を発表するというのは事前に分かっていたのでギャンブルしましたが良い結果が出ました。

avatar

織部

 

avatar

利休

これで今年の年越しもどん兵衛を食べることができそうじゃのう。

 

どん兵衛の前になぜこの株が上がったのかを考えてみましょう。

avatar

織部

 

 

IGM-2323を評価する第1相試験の予備データ

 

avatar

利休

IGM-2323とは何じゃ?。

 

IGM-2323は、CD20 xCD3を標的とする二重特異性IgM抗体です。

avatar

織部

 

avatar

利休

するってぇと?

 

これまでの抗体医薬品は標的とする部分がCD20とか1つだけだったんですがこのIGM-2323は2つの標的に親和性があります。

avatar

織部

 

avatar

利休

一粒で二度美味しい的な?

 

理論的には。その理論を実証するために臨床試験を行っています。今回はその臨床試験の結果が少し発表されました。

avatar

織部

 

avatar

利休

どんなにいい発表じゃったの?

 

以下が第62回米国血液学会年次総会で発表された内容です。

avatar

織部

 

  • IGM-2323を0.5mg、2.5mg、10mg、30mg、および50/100 mgの用量コホートで治療された14人の患者のうち、9人が腫瘍サイズ縮小
  • 50 / 100mg群の濾胞性リンパ腫の2人はコンプリートレスポンス
  • グレード3以上のCRS、神経毒性は現時点で無し

 

avatar

利休

まだ臨床初期じゃから使用する量のレンジが広いのう。CRの2人が高用量だと考えると次のphaseで使用する高用量群では更なる好成績が期待されるのう。

 

まだphaseⅠで道のりは長いですが現時点では有望です。

avatar

織部

 

 

しかしながら奇妙な株価の動き
IGM Biosciences

 

しかし今回の株価上昇には奇妙なタイミングのズレを感じました。結果発表された後の初の取引日(12月7日)はそこまで株価が上昇していません。しかし翌日の12月8日に一気に50%も上昇しました。

avatar

織部

 

avatar

利休

臨床試験の結果以外に良い材料があったんかのう?

 

自分が調べ切れていないだけかもしれませんが特に新たな材料は見当たりません。むしろIGMSは新株を新たに発行すると発表しました。これは既存株主が持っている株の希薄化になるので通常であれば値下がりするはずです。

avatar

織部

 

avatar

利休

新株発行で資金を手に入れて臨床試験を加速させるんじゃから積極的な増資とも言えるのう。

 

そうですが新株発行で株価が50%も上昇するというのは解せません。

avatar

織部

 

avatar

利休

他に考えれることは空売りしていた人が耐えられなくなって買戻しとかかのう?

 

暴落は売りが売りを呼びますが逆に買いも買いをよぶことがあります。ただ売りでも買いでも一時的なパニック相場だと時が経つと株価がまた収束していくのでしばらくは要注意です。

avatar

織部

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)