【IBKR】Interactive Brokers Groupのプットを売った

Interactive Brokers Group, Inc
種別 Put
枚数 1枚
権利行使価格 35ドル
期限 6月20年
プレミアム 83.05ドル

 

自分も利用しているオンライン証券会社インタラクティブ・ブローカーズのプット・オプションを売りました。

avatar

織部

 

avatar

利休

するってぇと?

 

現時点でインタラクティブ・ブローカーズの株価は40ドルなので35ドルのプット(売る権利)を売ったということはターゲット・バイイングと呼ばれているトレーディングポジションです。

avatar

織部

 

avatar

利休

売る権利を売るという事は買う義務があるということかのう?

 

 

そうです。IBKRが20ドルまで下落してしまってもこっちは35ドルで買わないといけないです。

avatar

織部

 

avatar

利休

その場合だと35ドル-20ドルで15ドルも損するのう

 

 

 

確かにオプション取引のみを考えるならそうですが現物株投資という観点からいうと悪くない投資です。

avatar

織部

 

avatar

利休

20ドルまで落ちた株を35ドルで買う事のどこがお得なんじゃ?

 

最初からIBKR株を欲しいと思っていた投資家の立場からしたら普通に現物株を40ドルで今買うよりより安い35ドルで買えたからです。しかも売ったオプションの保険料(プットオプション代)が入ってくるので手元現金も増えます。

avatar

織部

 

avatar

利休

そりゃ今40ドル時点で投資した場合と比較したらより安く現物株を買えるわけじゃが将来20ドルまで下落してから買えばよりお得じゃし・・・

 

先の事は神様にしかわかりません。先が分からないからこそオプションや先物といった金融商品が成り立ちます。現時点での現物株投資よりもリターンを向上させたい時に行う取引がこのターゲット・バイイングです。

avatar

織部

 

 

 

avatar

利休

それにしてもこのプットのポジションはこのハイボラティリティ相場じゃと危ういのう。権利行使価格が近い気がするぞい

 

35ドルという権利行使価格ですがこれはファンダメンタル分析から設定しました。

avatar

織部

 

avatar

利休

ファンタ?

 

IBKRの株価は株価収益率が20倍以上でこれまで推移していました。

avatar

織部

 

avatar

利休

株価収益率てなんぞ?

 

IBKRは株価収益率は株価を1株益で割ったものです。

avatar

織部

 

 

 

avatar

利休

なら1株益を想定できれば大体の株価も想定できるのう

 

1株益 平均株価 PER
2007年 1.16 27.3 23.5
2008年 2.24 27.1 12.1
2009年 0.79 16.7 21.1
2010年 -0.23 17.1 -74.3
2011年 1.37 15.6 11.4
2012年 0.89 14.8 16.6
2013年 0.73 17.4 23.8
2014年 0.77 23.9 31.0
2015年 0.78 37.8 48.5
2016年 1.25 36.3 29.0
2017年 1.07 42.1 39.3
2018年 2.28 66.2 29.0
2019年 2.10 46.9 22.3

 

過去の株価と1株益の関係を見るとだいたいの期間、PERが20倍以上で推移しています。

avatar

織部

 

avatar

利休

2020年の1株益が2ドルと仮定するとその20倍で40ドル、つまり現在価格とほぼ等しいのう

 

現時点で株価は適正だと思っていますが更にもう一段安く(35ドル)なったら買いたいと思ったので35ドルのプットを売りました。

avatar

織部

 

avatar

利休

現物株が欲しいという前提なら35ドルより上でも下でも困らんのう

 

今はできるだけキャッシュを増やしたいので理想は6月の満期日に35ドル以上で通過して売っているオプションが無価値になる事です。

avatar

織部

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)