これからのコロナ相場へ臨む時に必要なもの

 

ゲームチェンジャーという言葉がある。

 

それに無い革新的な商品やサービスで既存の市場を大きく変える存在。

 

電話で言えばiPhone。

2007年に発売されたiPhoneはそれまで使われていたブラックベリーなノキア製の携帯電話をあっという間に駆逐してスマートフォン市場という新しいゲーム、新しい世界を創り出した。

 

そして悪い意味でゲームチェンジャーなモノが登場した。

 

COVID-19

 

ニューヨークや世界の大都市をロックダウンさせるという世界大戦でも無かったことがが始まり世界経済に計り知れない影響を与えている。

 

これまでの起きた戦争や様々な経済問題はまだ対戦相手と意思疎通ができるので解決しようがあったがウイルスとか会話も交渉もできない、そして薬も無いと八方塞がり。

 

これまでの医学的な知見も通用しない。未知のゲームチェンジャーがCOVID-19

 

これまでのゲームが終わり、新しいゲームが始まった。

 

同じ株式投資という名前のゲームだが難易度が変更、買えば誰でも儲かるイージーモードは終わり突然ナイトメアモードが開始された。

 

このナイトメアモードをクリアするために必要なものが3つある。

 

 

①新しいキャッシュ

既に投資している株はそのままにして新しいニューマネーを投入する必要がある。

新しいゲームには新しいキャッシュ

 

このようなボラティリティが異常に高いときに下手に売買して小細工すると余計にリスクが高いのでシンプルに毎月新しい現金を投入して買っていくスタイルが必要である。

 

②覚悟

自分が買ってすぐに半額になることも想定される。そのたびに右往左往していたら心臓が何個あっても足らない。最初からこのマネーは無くなると覚悟して投資すべき。

 

②セルフ・ロックダウン

コロナ相場で買ったらその買った株はしばらく売ってはならない。

デッドキャットで大きくリバウンドをすることもあるがその程度の利益はこの相場に投資するリスクと見合わない。最低3年は保有する覚悟が必要。

 

 

新しいゲームを始める

これほどの大きな変動は人によっては大きなチャンスとなる。

 

家族がいる人だと生活があるのでリスクを取りにくいが自分は家族居ない暇人なのでコロナ相場に腰を据えて挑むことができる。

 

このウイルス恐慌の嵐にひたすら買い向かったらどうなるのか

 

1年後にどうなるのか

3年後にどうなるのか

10年後にどうなるのか

 

生きていればいいことがあるはず。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)