【過活動膀胱】 抗コリン薬の演習問題

問題 オキシブチニン、プロピベリン、ソリフェナシン、トロテロジン、イミダフェナシン、フェソテロジンについて
1 ソリフェナシンの代謝酵素
2 フェソテロジンの代謝に関わる酵素を2つ
3 イミダフェナシンの併用禁忌薬
4 6つの薬のうち過活動膀胱に対して適応が無い薬
5 なぜドネペジル服用中の患者にオキシブチニンを処方してはいけないのか?
6 最も口渇が出やすい薬
7 最も便秘になりやすい薬
8 フェソテロジンの活性代謝物
9 プロピベリンの抗コリン作用以外のOABにおける薬理作用
10 ソリフェナシンの半減期
11 なぜプロピベリンを服用中に運転してはいけないのか?
12 6つのうち口渇が最も少ないもの
13 重大な副作用に「血管浮腫」があるクスリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)