【前立腺肥大症】 α1遮断薬の演習問題

演習問題
1 白内障手術を受ける時にα1遮断薬を服用していると上昇するリスク
2 高血圧症治療でα1遮断薬が第一選択薬から外れた理由
3 エブランチルが女性に対して処方される場合の疾患を1つ
4 タムスロシン、シロドシン、ナフトピジルの中で最もα1A選択性が高いもの
5 シロドシンの臨床試験における射精障害の発現率
6 α1遮断薬が心不全の予後を悪化させる要因を1つ
7 α1A,α1B,α1D受容体のうち膀胱に最も多く発現しているもの
8 タムスロシン、シロドシン、ナフトピジルの中で最もα1D選択性が高いもの
9 ハルナールD錠は粉砕可能か?
10 シロドシンを代謝するCYP
11 前立腺肥大症に保険適応があるα1遮断薬のうち「重大な副作用」に狭心症がある薬
12 ウラピジルを代謝するCYP
13 「前立腺肥大症に伴う排尿障害」と「褐色細胞腫による高血圧症」に適応を持つα1遮断薬を挙げよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)