【薬学演習】 分子標的薬 問題編 01

レンビマとネクサバールについて
01 根治切除不能な肝細胞癌にレンビマを使う時、患者の体重が55Kgの場合1回何mg処方するべきか?
02 手足症候群はネクサバールとレンビマ、どちらが発現頻度が高い?
03 レンビマの主な代謝酵素
04 なぜ脂っこいものを食べた後にネクサバールを服用してはいけないのか
05 チロシンキナーゼ阻害薬で頻発する皮膚の副作用
06 レンビマを半錠に分割してもいいか?
07 レンビマが承認されていないネクサバールが持つ適応症(2019年7月時点)
08 2剤が共通して阻害する血管新生に関係する因子
09  ネクサバールを開発したバイエルの共同パートナー
10 チロシンキナーゼ阻害薬を服用すると一般的に血圧はどうなる

出題元:レンビマとネクサバールの違い

 

 

解答

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)