東海旅客鉄道のキャッシュフロー [2001-2018年度]

東海旅客鉄道のキャッシュフロー
東海旅客鉄道のキャッシュフロー
企業:東海旅客鉄道 単位:100万円
営業CF 投資CF フリーCF
2001年 360,122 -73,377 286,745
2002年 382,998 -168,966 214,032
2003年 369,981 -150,895 219,086
2004年 422,743 -97,604 325,139
2005年 477,901 -119,641 358,260
2006年 427,062 -218,395 208,667
2007年 500,864 -266,542 234,322
2008年 459,597 -292,511 167,086
2009年 414,027 -256,209 157,818
2010年 521,934 -320,215 201,719
2011年 447,674 -269,954 177,720
2012年 512,324 -262,114 250,210
2013年 540,557 -230,454 310,103
2014年 570,806 -263,970 306,836
2015年 601,495 -170,305 431,190
2016年 580,565 -1,909,547 -1,328,982
2017年 609,696 -1,676,489 -1,066,793
2018年 600,319 -597,502 2,817

source:東海旅客鉄道 IR

 

2027年の開業を目指すリニア中央新幹線。

 

名古屋までが5兆円、大阪まで伸ばすと9兆円かかるという巨額投資は毎年6000億円の営業キャッシュフローを稼ぎ出すJR東海にとっても負担は重く社運を賭けた一代プロジェクトである。

 

JR東海の山田佳臣社長(当時)が「絶対にペイしない」と発言しており通り、リニア中央新幹線は大儲けをするために建設するわけではなく東京と大阪を結ぶ大動脈を現新幹線と併せて2本にしてリスクの分散化を図るのが主な目的。

 

大災害が起きて新幹線が使えなくなると日本にとっては大きな打撃となるのでもう一つ路線があるというのはリスクヘッジとなる。そしてリニアは日本半世紀の夢のテクノロジー。日本にとって大きなプラスとなる

 

だがJR東海の株主にしたら利益に直結しない巨額プロジェクトはリスクリターンを考えると割にあわないかもしれない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)