大阪大学の薬剤師国家試験合格率 [2002-2019]

大阪大学の薬剤師国家試験合格率
実施年 実施回 受験者 合格者 大阪大学 全国平均
2002 87 126 87 69.05% 80.81%
2003 88 119 92 77.31% 81.12%
2004 89 116 75 64.66% 78.32%
2005 90 124 92 74.19% 84.39%
2006 91 112 63 56.25% 74.25%
2007 92 128 84 65.63% 75.58%
2008 93 131 88 67.18% 76.14%
2009 94 123 74 60.16% 74.40%
2010 95 53 18 33.96% 56.35%
2011 96 42 16 38.10% 44.44%
2012 97 33 26 78.79% 88.31%
2013 98 32 24 75.00% 79.10%
2014 99 34 21 61.76% 60.84%
2015 100 42 31 73.81% 63.17%
2016 101 40 31 77.50% 76.85%
2017 102 33 28 84.85% 71.58%
2018 103 31 26 83.87% 70.58%
2019 104 35 29 82.86% 70.91%

Source: 厚生労働省

 

大阪大学薬学部は平成31年度から4年制の薬科学科(定員55人)と6年制の薬学科(同25人)を統合し、6年制の薬学科(同80人)に一本化した。

 

東京大学と京都大学が薬剤師免許が取れる6年制コースを一学年10人ちょっとまで減らしたのと対照的に大阪大学は薬学部入学者全てを6年制コースに。

 

大阪大学によると薬剤師資格を持った研究者の養成が目的との事だが研究に薬剤師免許が必要なのだろうか?本当に必要なものなら薬剤師コースを減らしてしまった東京大学と京都大学は・・・

 

ポスドク問題が叫ばれている現状だと薬剤師免許を持っていれば最悪ドラッグストアのアルバイトで生活はできるので余裕を持って研究に打ち込めるというメリットはある。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)