【ファイザー】 ジフルカンの売上高 [1994-2014]

ジフルカンの売上高
ファイザー 単位:100万ドル
売上高
1994 721
1995 878
1996 910
1997 881
1998 916
1999 989
2000 1,014
2001 1,066
2002 1,112
2003 1,176
2004 945
2005 498
2006 435
2007 415
2008 373
2009 281
2010 278
2011 265
2012 259
2013 242
2014 220

source:Pfizer IR

 

抗真菌薬ジフルカン(一般名:フルコナゾール)

 

アゾール系抗真菌薬という分類で真菌を形成しているエルゴステロールという細胞膜合成を阻害することにより抗真菌作用を発揮する。

抗生物質はサワシリンやセフゾンの様に1日3回服用するものが多いがジフルカンは1日1回の投与でも充分な作用を発揮する。そして深在性真菌症という内臓にも深く浸透するので肺や髄膜炎の治療でも使用することができる。

 

そんな便利なジフルカンだが使い方に注意が居る。

 

ジフルカンは肝代謝酵素CYP3A4の超強力な阻害剤でもある。なので一緒に服用してはいけない薬がある。みんな大好きハルシオン(一般名:トリアゾラム)も3A4代謝薬物であるために一緒に服用すると血中濃度が急上昇してしまう。

 

それとアゾール系内服薬なので単独投与でも肝機能に影響がでやすい。そんな理由もありジフルカンは出番が減っている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)