【ファイザー】 ノルバスクの売上(1994年-2018年)

ノルバスクの売上
ファイザー 単位:100万ドル
売上高
1994 768
1995 1,265
1996 1,795
1997 2,217
1998 2,575
1999 2,991
2000 3,361
2001 3,582
2002 3,846
2003 4,336
2004 4,463
2005 4,706
2006 4,866
2007 3,001
2008 2,244
2009 1,973
2010 1,506
2011 1,445
2012 1,349
2013 1,229
2014 1,112
2015 991
2016 962
2017 926
2018 1,024

 

 

カルシウム拮抗薬という種類の降圧剤で最も商業的に成功した薬がファイザーのノルバスク。

 

それまでの降圧剤はよく顔が赤くなったり反射的に脈が速くなったりしたがノルバスクはそれまでの薬よりも副作用が少ない。そして降圧力も直接血管に作用して拡張させるので抜群。更に半減期が長く1日1回で24時間以上効果が持続する。

降圧剤では珍しく6歳以上であれば子供にも処方できる。

 

降圧剤としてほぼ完成された薬で隙が無い。

 

敢えて欠点を言えば即効性が無いので緊急的に血圧を下げたいときには使えないのと代謝酵素がCYP3A4なのでグレープフルーツジュースが飲めないこと位。

 

日本では併売品として大日本住友製薬からアムロジン錠が発売されている。

 

特許が切れて売上は落ちたがそれでも毎年1000億円売れている。

 

 

 

data of Norvasc
製品画像 構造式
製薬会社 薬効 集計期間 2018年
ファイザー 降圧剤 1994 to 2018 10.24億ドル
ファイザー売上に占めるノルバスクの割合

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)