【米メルク】 ジャヌビアの売上高 [2006-2018]

ジャヌビアの売上高
ジャヌビアの売上高
Merck & Co. 単位:100万ドル
年間 売上高
2006 43
2007 668
2008 1,397
2009 1,922
2010 2,385
2011 3,324
2012 4,086
2013 4,004
2014 3,931
2015 3,863
2016 3,908
2017 3,737
2018 3,686

source:Merck & Co IR

 

糖尿病治療薬ジャヌビア(一般名:シタグリプチン)

 

DPP4阻害薬というメルクが世界で初めて開発したカテゴリーの薬。

 

食事を摂取して血糖値が上昇すると小腸にあるL細胞からインクレチンというホルモンが分泌される。このホルモンは膵臓に作用してインスリンの分泌を促し結果として血糖値が下がる。つまり血糖値が高い時でないと効果が出ない。

 

インクレチン自体は短時間で分解されてしまうので分解されなければより長く血糖降下作用が期待できる。この発想からインクレチンを不活性化するDPP4を邪魔する薬であるジャヌビアが誕生した。

 

それまでの糖尿病治療薬は血糖値がどんな状態でも無理矢理血糖値を低下させていたので低血糖が起こりやすかったがジャヌビアを始めとするDPP4阻害薬は単剤だと低血糖リスクがプラセボとほぼ変わらない。

 

DPP4阻害薬は続々類似薬が発売されているが日本ではジャヌビアがシェアNo1をキープしている。クラスで最初に登場した薬は実績が積みやすい、後発組だとジャヌビアよりも利点が無いと中々使ってもらえない。

 

医薬品開発は速さも大切。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)