【米メルク】 イメンドの売上高 [2005-2018]

イメンドの売上高
イメンドの売上高
Merck & Co. 単位:100万ドル
年間 売上高
2005 87
2006 131
2007 202
2008 260
2009 313
2010 378
2011 419
2012 489
2013 507
2014 553
2015 535
2016 549
2017 556
2018 522

source:Merck & Co IR

 

吐き気止めイメンド(一般名:アプレピタント)

 

抗ガン剤のイメージと言えば強い吐き気。中でも白金製剤といわれる金属元素を含んだ抗ガン剤は吐き気が強く前もって吐き気止めを服用しておかないとほぼ100%吐き気が出る。

 

そんな吐き気には様々な物質が関わっている。昔からドパミンやセロトニンが吐き気を惹起するということは知られておりそれを邪魔するプリンペランやナゼアが使われてきた。しかしそれらの薬では抑えられないこともある。

 

吐き気には抗ガン剤が投与されてすぐに起こるタイプと24時間以降に起きるタイプがある。後者の場合はセロトニンを邪魔するナゼアは効果が薄い。このことから吐き気にはセロトニンやドパミン以外にも関与している物質があるのでは?と研究が更に進み発見されたのが「サブスタンスP」

 

サブスタンスPは神経伝達物質で咳などを起こし誤嚥性肺炎を予防したりもするがNK1受容体に結合して遅発性嘔吐も引き起こす。イメンドはこのNK1受容体にサブスタンスPが結合することを邪魔する薬。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)