【イーライリリー】 ジプレキサの売上高 [2003-2018]

ジプレキサの売上高
企業:イーライリリー 単位:100万ドル
売上高
2003 4,277
2004 4,420
2005 4,202
2006 4,364
2007 4,761
2008 4,696
2009 4,916
2010 5,026
2011 4,622
2012 1,701
2013 1,195
2014 1,037
2015 940
2016 725
2017 581
2018 471

source:イーライリリー IR

 

統合失調症治療薬ジプレキサ

 

アストラゼネカのライバル薬セロクエルよりも長時間受容体に結合するので1日1回服用が可能。その反面、血糖値の上昇リスクはジプレキサの方が高い。

ドパミンD2遮断作用によりシスプラチンなど抗ガン剤による吐き気を抑える効能も認められている。

 

ジプレキサの特許が切れる前後数年はイーライリリーの株価が低迷した。大塚が開発した統合失調症治療薬エビリファイもピーク時売上はジプレキサと同規模。統合失調症は完治が難しい慢性疾患ともいえるので当たれば大きい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)