【グラクソ・スミスクライン】 ラミクタールの売上高 [1999-2018年]

ラミクタールの売上高
企業:GSK 単位:100万ポンド
売上高
1999 223
2000 289
2001 355
2002 438
2003 556
2004 678
2005 849
2006 996
2007 1,097
2008 926
2009 500
2010 504
2011 536
2012 610
2013 557
2014 531
2015 531
2016 614
2017 650
2018 617

source:GSK IR

 

 

グラクソ・スミスクラインが販売している抗てんかん薬ラミクタール(一般名:ラモトリギン)

 

電気的な興奮によって引き起こされるてんかん発作をNa+チャネル遮断作用により予防する。

 

それだけであればテグレトールなどと同じだがこのラミクタールはうつ病にも効果がある。デパケンなど他の気分安定薬が上がり過ぎたテンションを下げるのに対してラミクタールは落ち込んでいる気分を引き上げるという力を持つ。

 

使い過ぎると気分を引き上げ過ぎて興奮や錯乱といった副作用が出る。

 

それ以上に重要な副作用が薬疹で中毒性表皮壊死症やSJSなど致命的な副作用が起きる事がある。最初から高用量を服用すると副作用がでやすい。服用量を少量から徐々に増やせばリスクは減らせる。

 

もし薬疹が出たら服用中止。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)