【GSK】 ゾビラックスの売上高 [1999-2013年]

ゾビラックスの売上高
ゾビラックスの売上高
企業:GSK 単位:100万ポンド
売上高
1999 387
2000 374
2001 296
2002 228
2003 170
2004 147
2005 131
2006 120
2007 168
2008 188
2009 129
2010 152
2011 109
2012 89
2013 81

source:GSK IR

 

グラクソ・スミスクラインから発売されている抗ウイルス薬ゾビラックス。

 

人間には無いタンパクや酵素を利用して効果を発現する薬なので理論的には副作用が少ない。

このゾビラックスもウイルスが持っているウイルス性チミジンにより薬の構造が変化してアシクロビル三リン酸となりこのアシクロビル三リン酸がDNA増殖時に必要なDNAポリメラーゼを邪魔してこれ以上ウイルス量が増えないようにする。ウイルスは寿命が短いので増えなければ直ぐに居なくなる。

 

欠点は経口吸収率が悪く成人の帯状疱疹だと1日5回も服用しなくてはならない点。なのでゾビラックスは内服薬より外用薬が良く売れている。

 

この薬を改良したバルトレックスという抗ウイルス薬もGSKから販売されている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)