【GSK】 レキップの売上高 [1999-2018年]

レキップの売上高
企業:GSK 単位:100万ポンド
売上高
1999 49
2000 58
2001 75
2002 89
2003 99
2004 116
2005 156
2006 286
2007 346
2008 266
2009 209
2010 233
2011 218
2012 164
2013 125
2014 109
2015 93
2016 116
2017 110
2018 85

source:GSK IR

 

パーキンソン病治療薬レキップ

 

パーキンソン病は脳内のドパミン量が減っているのが根源的な理由。

ドパミンを脳内に補充するレボドパもあるが他にもドパミンの分解を阻害して長持ちさせる薬など様々なアプローチがある。レキップの場合はドパミンが作用するD2受容体を代わりに刺激するドパミンD2アゴニストという種類の薬。

 

D2アゴニストも2種類に大別でき「麦角系」と非麦角系がある。それぞれに特徴的な副作用があり麦角系には「心臓弁膜症」、非麦角系には「突発的傾眠」

レキップは後者の非麦角系。なのでレキップを服用している時は車を運転してはいけない。

 

普通錠は1日3回服用だか身体の中でゆっくり溶けるレキップCR錠は1日1回でOK

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。