【GSK】 オーグメンチンの売上高 [1999-2018年]

オーグメンチンの売上高
オーグメンチンの売上高
企業:GSK 単位:100万ポンド
売上高
1999 1,110
2000 1,219
2001 1,421
2002 1,191
2003 825
2004 708
2005 666
2006 570
2007 530
2008 587
2009 667
2010 625
2011 641
2012 608
2013 630
2014 573
2015 528
2016 563
2017 587
2018 570

source:GSK IR

 

グラクソ・スミスクラインから発売されている抗生物質オーグメンチン。

 

2種類の薬が混じっており一つはペニシリン系抗生物質アモキシシリン。そしてもう一つはクラブラン酸カリウム。

 

このクラブラン酸カリウムがこの薬の特徴。

 

抗生物質といえば細菌に対する特効薬だが菌も負けじと進化し抗生物質に対する防御機構を身に着ける。それが耐性。

耐性には色々な種類があるが「βラクタマーゼ」というペニシリン骨格を壊すものはその代表例。βラクタマーゼがあるとペニシリンが効かない。なのでそのβラクタマーゼを邪魔するのがクラブラン酸カリウム。

 

クラブラン酸カリウムがペニシリンの代わりにβラクタマーゼと結合している隙にペニシリンが細菌に作用する。良いコンビネーションな薬

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)