【バイエル】 ネクサバールの売上高 [2006-2018]

ネクサバールの売上高
バイエル 単位:100万ユーロ

source:Bayer IR

 

 

抗ガン剤ネクサバール(一般名:ソラフェニブ)

 

肝細胞がんや腎細胞がんに処方される分子標的薬。それまでのインターフェロンやインターロイキン2製剤による治療よりも明らかに無増悪生存期間を延長して治療成績が一段向上した。

 

同じ様な分子標的薬としてスーテントやインライタ、ヴォトリエントがあるがPFSやOSがあるが効果に大差はない。

 

差があるのはネクサバールから更に10年後に登場した免疫チェックポイント阻害薬。ネクサバールやスーテントで完治は難しいが免疫チェックポイント阻害薬は完治の可能性がある。

 

ネクサバールは基本1日2回でそれぞれ2錠ずつ服用するので4×7=28錠シートとなっている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)