【アストラゼネカ】 ネキシウムの売上高 [2003-2018]

ネキシウムの売上高
ネキシウムの売上高
企業:アストラゼネカ 単位:100万ドル
売上高
2003 3,302
2004 3,883
2005 4,633
2006 5,182
2007 5,216
2008 5,200
2009 4,959
2010 4,969
2011 4,429
2012 3,944
2013 3,872
2014 3,655
2015 2,496
2016 2,032
2017 1,952
2018 1,702

source:アストラゼネカ IR

 

アストラゼネが販売している胃酸分泌抑制剤ネキシウム(一般名:エソメプラゾールマグネシウム水和物)

 

既に発売していたオメプラール(一般名:オメプラゾール)のS-体。オメプラールはラセミ体なので効果があるS-体をのみを抽出したのがエス-オメプラゾール=エソメプラゾール。代謝酵素により個人差が小さかったりして若干オメプラールよりも効果が高い。が元々PPIのオメプラールは効果が高いので体感できるほどの違いは無い。

 

しかし何故にマグネシウム塩なのだろうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)