【アストラゼネカ】 クレストールの売上高 [2003-2018]

クレストールの売上高
企業:アストラゼネカ 単位:100万ドル
年間 売上高
2003 129
2004 908
2005 1,268
2006 2,028
2007 2,796
2008 3,597
2009 4,502
2010 5,691
2011 6,622
2012 6,253
2013 5,622
2014 5,512
2015 5,017
2016 3,401
2017 2,365
2018 1,433

source:アストラゼネカ IR

 

高コレステロール血症治療薬クレストール(一般名:ロスバスタチン)

 

日本の塩野義製薬が発見したが製薬会社の規模的に世界で展開できずにロスバスタチンのライセンスをアストラゼネカに付与して売上高に応じたロイヤリティ収入を得ている。

 

日本以外ではアストラゼネカで日本でもアストラゼネカ、そして塩野義からそれぞれ併売という形で販売中。

 

アストラゼネカのクレストールも塩野義のクレストールももちろん中身は同じで薬価も同じ。

 

スタチン系の中でもより強力なストロングスタチンでファイザーのリピトールとはライバル関係。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)