カテゴリー: 病態薬理

パーキンソン病について

 

パーキンソン病の根本的な理由はドパミンの不足。なので治療はドパミンを直接補充するかドパミン作動性神経を相対的に有意にする。

なぜドパミン神経が変性するのかという理由は現代でも不明。

 

理由はわからんがドパミンが不足しているのが原因なら何とかしてドパミンを増やそうというのが薬物治療の基本的な考え方。

 

(さらに…)