カテゴリー: 人体の仕組み

【クッシング症候群】 糖質コルチコイドと鉱質コルチコイドの違い 【アジソン病】

糖質コルチコイド 鉱質コルチコイド
代表的な物質 ヒドロコルチゾン アルドステロン

分泌される場所 束状帯 球状帯
主な薬理作用
  • 抗炎症作用
  • 免疫抑制作用
  • 肝臓で糖新生↑
  • 腸管でのCa吸収抑制し骨強度↓
  • Naと水の再吸収↑
  • Kの再吸収↓
過剰 クッシング症候群 原発性アルドステロン症
不足 アジソン病 アジソン病・副腎皮質過形成症
内服ステロイド剤の力価比
コートリル 1.0 1.0
フロリネフ 10 125
プレドニゾロン 4 0.8
メドロール 5 0.5
リンデロン 25~30 0
デカドロン 25~30 0

注)ヒドロコルチゾン自体はミネラルコルチコイド受容体に親和性を持っているが遠位尿細管で11βHSDで不活性化されるので鉱質コルチコイド様作用を発揮しない。

 

 

人間の身体からは1日当たりヒドロコルチゾン換算で15~20mgが分泌されている。作用時間が異なるので大まかな目安だが内服薬は1錠が同じ糖質コルチコイド作用を持つように規格されており

 

ヒドロコルチゾン20mg=プレドニン錠5mg=メドロール錠4mg≒リンデロン錠0.5mg≒デカドロン錠0.5mg

 

となっている。

(さらに…)