ギガバイトのノートパソコン「GIGABYTE Sabre17」を購入した。

 

今の仮住まいのアパートは狭い。先月まで住んでいた部屋の3分の一以下の広さ。なのでスペースを効率的に使わなければいけない。そしてこれからも転々とするであろうことを考えるとデスクトップパソコンよりも省スペースかつキビキビ動くノートパソコンが望ましいとの結論に至った。

 

 

 

 

ノートパソコンを選ぶ基準

 

 

自分の中でパソコンを選ぶ時の基準はキビキビ動く度

いくら画面が大きくても動きがモッサリだと毎日使うのがしんどくなる。

 

よってCPUの速さが大事。3Dゲームはノートパソコンではしないのでグラフィックボードは重視しない。ブログを書くときに画像も使うのでメモリーの多さも必要。そしてできるだけ画面も大きい方がいい。よって17インチは欲しい。重たくなるが持ち歩かないし無問題。

 

Amazonで注文したら3日で届いたこのパソコンを選んだ一番の理由は怪しく光るキーボード。CPUは他にも早そうなノートPCがあったんだがキーボードに惹かれた。

 

漆黒のボディに蒼く光るキーボード。ギーグ感があっていい。PCを起動する時はレインボーに光っていて普段は青色に光っている。

それにしてもギガバイトってマザーボードのメーカーとしか認識していなかったがノートパソコンを作ってたんだな。

 

到着後しばらくいじってみたがCPUとSSDの速さによって快適。キビキビ動く。CPUのコアが6個もある。ブログを書くことがメインのこのパソコンに6個もCPUが必要なのかはわからんけど多ければ多いほど快適なんだろう。 一つあたりの動作周波数も3.8GHzあるらしいし、しばらくはこのノートパソコンで戦っていけそうだ。

 

しかし自分が子供の頃はAMDとインテルが1GHzのCPUを発売してこんなに早いCPUで何するんだよとか言っていた気がするが今だと1GHzのCPUとかゴミなわけで、このCPUもいずれは塵となるんだろうな。テクノロジーの進化は早い。

 

 

 

ノートパソコンを使用するに相応しい態勢

 

自分はこたつが好きだ。冬はもちろん夏でも布団を取り払ってこたつ机と座椅子に座る。冬でもコタツさえあれば暖房はいらない。 こたつだけで過ごせる自信がある 足元が暖かければ全身が温まる。副交感神経が優位になってリラックスできる。なのでこの狭いアパートでも座椅子と小さなテーブルを購入した。

 

その上に新しいノートパソコンをセット。

こたつと座椅子 そしてノートパソコンまさに三種の神器

完全なコックピット 南極でも生活できそうだ

 

寒い冬にコタツに入りながらサッポロ一番味噌ラーメンを食べる時は心が満たされている。生れてきてよかった。こんな何も持ってないオッサンでももう少し生きてみようという気になる。

 

ただコタツにも欠点がある。あまりにも快適すぎていつのまにか寝てしまう。ブログを書いてると時々座椅子にもたれかかって目をつぶりたくなる時がある。 そして気がついたら3時間ほど時間が経っている。 これからは冬となりよりコタツの魔力が高まる。注意しなければ

 

今は↑画像の状態に部屋に備え付けられていた小さな椅子を右側においてその座るところにsurfaceを置いている。ノートパソコンとしては比較的大きい17インチだが別ウインドウで動画を見ながら作業したりするのは厳しい。なのでYouTubeやネットフリックスを横のsurfaceで流しながらノートパソコンで作業するというスタイルを確立した。

 

新生活が安定するのに今回は時間がかかり手間取ったがようやくルーチン化された生活に入ってきた。これからまた少しづつブログもまた書いていこうと思う。

 

2 comments on ギガバイトのノートパソコン「GIGABYTE Sabre17」を購入した。

  1. 七色に輝く漆黒のハイスペックノートPCキタ━(゚∀゚)━!!
    これはブログ執筆が捗りそうですね。

  2. 今のところキビキビ動いてくれていて満足なんですが一つ気になることが・・・
    ノートパソコンにしてはファンの音が煩いです(´・ω・`)
    グラフィックボード積んでるから仕方ないですが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。